So-net無料ブログ作成

コンパウンド | ジュエリーの道具 [ジュエリー]

突然ですが、問題です。
↓これらは、ジュエリー製作で何に道具でしょうか?

COMPOUND1.jpg

正解は「刻印を打ったり石留などをする際に、地金(ジュエリー)を固定するための道具」でした。
赤いものはヤニ、グレーと白は樹脂で、熱を加えると柔らかくなり、冷えてくるとカチコチに固まります。
(樹脂タイプはコンパウンドと呼ぶことも)

柔らかくなっている間に地金を押し付け、地金を固定します。
例えば、こんな感じに。
COMPOUND2.jpg

最初の画像では下に木の台がありますが、それは万力(バイス)に重りをつけたような「彫刻台」で挟むため。
(樹脂は直接彫刻台で挟むことも。)

そうなると、ジュエリーと比べて固定する道具の方が大がかり…
ジュエリーは細かいものが多いので、きちんと固定させることが重要なのです。

ヤニや樹脂はいくつか種類がありますが、どれを使うかは状況や好みによります。
私は、樹脂の方が圧倒的に多いです。
柔らかくするとき、ヤニは火であぶりますが、樹脂は熱湯に入れるだけと手軽。
もちろん、それだけの理由ではありませんが。

ただ、樹脂は突然生産中止になることがあって…
かつて「ヒートフォーム」なる製品も、多くのジュエリー関係者に惜しまれつつなくなりました。
今度は、最初の画像にある白い樹脂が、生産中止だそうです。
最近見かけないなと思っていたら、いつの間にか。
こちらはそれほど惜しまれてはいないようですが、私は重宝していました。
粘りが少ないので、透かしのジュエリーに刻印を打つには最適だったのに。
(2番目の画像でとめているのが、透かしです。)
少しずつ減っていくものなので、代わりのものを探さないといけません。
新しいものも出ているようなので、良いものがあるといいのですが。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(4)