So-net無料ブログ作成

メディチ家の至宝展@東京都庭園美術館 [  展覧会]

最近なかなか展覧会に行けませんでしたが、ようやく行ってきました。

メディチ家の至宝.jpg

東京都庭園美術館の「メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画」展

入り口から建物までのアプローチの自然に心洗われます。庭園美術館.jpg

庭園美術館は、オットー・クンツリ展(その時の記事→)に続いて2回目。
ジュエリーという点では共通でしたが、来館者の数はやはり違うようです。
オットーさんはコンテンポラリー・ジュエリーの大家ですが、観念的で難しい。
今回は、「綺麗・すごい・贅沢」とジュエリーの王道を行くもの。
日本での受け入れられ度合が、来館者の数で分かります。

出展されたものでは、やはりカメオと真珠が目立ちました。
真珠は女性の肖像画に多く、大きさを揃えたまるい真珠がたくさん服に縫い込まれていたり。
養殖真珠ができる前の真珠の価値は、今とは全く比べ物になりません。(こちらの記事参照→

バロックパール(形がいびつなパール)をジュエリーなどに仕立てたものもありました。
これ↓はパールを赤ちゃんに見立てているのですが、顔までしっかりある!160422_photo09_l.jpg
画像は、庭園美術館のHP→からお借りしました。
これだとあまり赤ちゃんという感じがしないですが、角度によっては顔が見えます。

どれも細工が精巧で、どれだけの時間とお金がかかっているのやら。
メディチ家の財産があればこそ出来たことです。
贅沢といえば贅沢ですが、それが極まって文化になった。
現代のメディチ家は、どこが担っているのかしら?


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感