So-net無料ブログ作成

高齢者施設選びは難しい [  親のこと]

気温の乱高下のせいで、ちょっと風邪をひきかけています。
そこで、この週末はおとなしく本を読んでいました。
その中の1冊が、こちら。

高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本



以前、同じ著者が書いた「70歳すぎた親をささえる72の方法」を読んだことがあります。
(その時の話→ 結局FAXを買いました。結構使っています。)
親に対する姿勢に共感したので、新しく出た本を買ってみました。
「70歳すぎた親を~」は自宅で暮らす親を同居せずにどうやって支えるか、という内容でしたが、こちらは、親が高齢者施設に入る想定。
両親ともに子供とは同居したくないらしいので、ゆくゆくは施設に入ることになるのでしょう。
でも、本人たちは何の準備もしていない様子^^;
この本は、どの順で何をすべきか、考慮やチェックすべきポイントは何かなど記述が具体的なので、参考になりそうです。

巻頭の「子が親の施設選びをする際の十一か条」には

一条 あくまで親の人生、判断力があれば親の意思を尊重する

とあります。
どうしても子の視点で考えがちなので、この条文は肝に銘じなければ。
また、

親に判断力があるのであれば、子の役割は「情報提供」することです。

という文もありました。
情報提供するためには、親のことをよく知らないと無理です。
親にとって何が大切なのか、何が譲れない部分なのか。
親元を離れて時間がたっているので、理解している自信がありません。
まずは、親とじっくり話をしないとダメですね。
それに、意識をもって親をじっくり観察することも必要そう。

しかし、これからの親の状態の変化が予想できないのが悩みの種。
私の老眼のようだと困ります。
ベストな眼鏡を作っても、すぐに合わなくなるような^^;
高齢になるほど新しい環境になじみにくいという問題もあるので、状態が変わってもずっと対応できる施設を探すしかない。
難しそうですけれど。
しかも、介護度などの条件で入れない施設もあるので、そもそも選択肢が少なそう。
これは時間がかかりそうなので、早めに考え始めてよかったです。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 6

みずき

なかなかに悩ましい問題ですよね。
最後まで家で過ごしたいっていう気持ちも
分かるし、誰もいない時に何かあっても
困るし・・・なのです。
by みずき (2016-10-16 23:02) 

ChatBleu

その上、入れるかどうかとかもありますし、
入ったところで今度は、周りの人達と合うかとか
あったり、難しいです。

by ChatBleu (2016-10-17 06:30) 

ゆう

>みずきさん

そうですよね。
ずっと家に居られるなら、その方がいいのだけれど。
でも少しずつ体力的に辛くなっているようで。
移るなら、それなりに体力のあるうちの方がよいかもしれず。
悩ましいです。
by ゆう (2016-10-17 22:57) 

ゆう

>ChatBleuさん

そうなんです。
条件的に入れないところもありますし。
万人にベストな場所はないでしょうから、
両親にとってベターな場所を探すしかない。
しかも、両親の気持ちになって。
自分のこと以上にプレッシャーがかかります^^;
by ゆう (2016-10-17 23:06) 

凛

ゆーちゃんヽ(´▽`)/お久しぶりっすー?
うちの父の姉がね、夫にも子供にも先立たれて1人暮らしてるの。もう88歳です。
最近、認知の症状が出てきていて、とにかくお金を失くしてしまうの。いろんなとろこへしまい込んで、どこに入れたのか忘れるの。
認知度としては、もう結構重いほうなのだけど、施設には入れられないの。
本人が納得しないからって。
それ以前に、空きがないと思う。
でも、火事とかおこしたらどうなるの?
とか、夜中に何かあったらどうなるの?
とか、悩みは尽きない。
我が家に引き取りたくても、うちの母と昔から仲悪くて、母が拒否。゚(゚´Д`゚)゚。
うちの親もどんどん弱くなっているし、先が不安だわーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
by (2016-10-18 13:59) 

ゆう

>凛さん

お久しぶりです!
ご本人は慣れた環境が良いのでしょうね。
記憶力が落ちたと感じているなら、なおさら知らない場所に行くのは怖いのかも。
傍から見れば、火事の方がよっぽど怖いですけれど。
命が脅かされる危機的状態になったら、本人の意向に反しても客観的に最善を選らばざるを得なくなるでしょうが、いつがそのタイミングなのか判断が難しい。
ご本人も辛いでしょうが、周りも辛いですよね。

自分の老後を考えると、年を取って判断力が落ちるのが心配。
そうなる前に打つべき手を考えておかないと。
体力だけは十分ある元気な認知症のおばあさんになったらどうしよう^^;
by ゆう (2016-10-18 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました