So-net無料ブログ作成

皮ごと食べられるブドウ [  手間なしお料理]

毎日くだものを食べるようにしていますが、ブドウは敬遠していました。
くだものを食べるのは主に朝食なので、皮をむくのに時間がかかるためです。
そのため、ここ10年くらいはブドウをじっくり見ることもなくて。
それが、今回たまたまPOPをよく見たら「皮ごと食べられるぶどう」と書いてあります。
これなら食べられるかもと、さっそく買ってきました。

ぶどう.jpg

オーストラリア産のクリムゾンという種なしブドウです。
酸っぱさがほとんどなくて、甘い。
皮は実と比べるとやはり硬いですが、気にならない範囲です。
ただ、私の知っているブドウとは別物という感じがしますが。

皮ごと食べられるブドウは、すでに普及しているのでしょうか?
日本産がなかったので、普及はまだまだ?
日本産があれば農薬の点でも安心なので、それを買うんですけれど。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 6

みずき

皮ごと食べられるブドウ、中学生くらいの頃、
マスカット系のを食べましたが皮の存在感が
それなりにあった記憶が・・・
きっと今のは皮ごと食べても違和感ないんでしょうね。
ただ、やっぱり農薬とか気になりますね^^;
by みずき (2016-05-22 23:57) 

ChatBleu

ここ数年、コンスタントにスーパーで売ってますね。
割と美味しいです。
シーズンは日本の葡萄とズレてますね。
私は日本産でも皮を剥くのが早くてあまりきにならないですけれど、シーズンがずれているので、たまに買いますよー。
by ChatBleu (2016-05-23 06:54) 

ゆう

>みずきさん

海外では皮ごと食べるのが一般的な地域もあるそう。
オーストラリアはキウイも皮ごと食べる(人もいる?)とか。
と、今日友達から聞きました^^;
日本ほど農薬は気にしないのか、使っていないのか。
どちらかしら?

by ゆう (2016-05-23 23:24) 

ゆう

> ChatBleuさん

やはり前からあるものなんですね。
全くチェックしていなかったので、乗り遅れました~
確かに今は(日本の)ブドウのシーズンではないですね。
今ごろ気が付きました^^;
皮を剥くのが早いとはうらやましい。
私は遅いです...
by ゆう (2016-05-23 23:27) 

sheepster

私も皮ごと食べられるぶどうを食べています。こちらのスーパーで見るのは全部それみたい。面倒くさがりの国民性がみられる。笑

リンゴとかもそうだけど、以前に『皮についている物質の危険性より、皮ごとの栄養価を考慮すれば皮ごとで食べた方がいい』という文をどこかで読んで以来、選択ができない場合は食べちゃってますわ。
by sheepster (2016-05-26 08:01) 

ゆう

>sheepsterさん

そちらでは全部皮が食べられるタイプですか!
そちらで実績があるなら、大丈夫でしょう。
(体格が違いますが^^;)

皮やそのすぐ下に栄養が集まっているらしいですね。
世の中にメリットだけ、デメリットだけというものはないらしい。
知識がないだけに、判断が難しいです。
しかも、今の知識が将来も正しいとは限らず。
(ナスを水にさらしたとき出るのは、あくじゃなくてポリフェノールだとか。)
あ~迷うなぁと言いながら、便利だからとまたこのブドウを買ってきました。
すでにほぼ毎日、皮つきリンゴを食べているので、何をいまさら迷う感満載ですが^^;
by ゆう (2016-05-26 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました