So-net無料ブログ作成

判断力の基本 [  読んだ本・観た映画]

最近、判断力の低下に危機感を覚えています。
そこで、新年最初に読む本をこの本にしてみました。

問題解決力を劇的に上げる 判断力の基本



「インバスケット」の本です。
wikipediaによれば、

インバスケットとは、架空の人物になりきり、制限時間の中でより多くの案件を高い精度で正しく処理することを目標とするバーチャル・ビジネス・ゲームのことである。

だそうで、この本によれば

自分の判断を客観的に見ることができ、しかも分析できる

ツールだそうです。


この本は、まず判断力関する簡単な説明があり、その後は

  倒れた人の後を継ぎ、あるプロジェクト(イベント)に関する20案件を1時間以内に捌く

となった場合、あなたならどうしますか?という実践練習になっています。

まず20通のメール(=20案件)を読んで状況を把握します。
これを含めて1時間で処理しなければいけないので、時間は結構ギリギリかも。
と思ったら、1案件につき4つの選択肢から1つ選ぶ方式だったので拍子抜け。
それなりに仕事をした経験のある人なら、選択肢を読むだけである程度解けそうです。

なので、まずは選択肢を見ずに、自分ならどうするかをしっかり考ることに。
その後で選択肢と解説を読みました。
制限時間内に済ませるためには、当然ながら優先順位付けが重要です。
解説の最初にも、そのことが書かれていました。
なのに、次は案件1から順番に解説されるのでちょっと違和感が^^;
自分の思考の流れで確認するため、私は重要な案件から解説を読みました。
複数の案件に影響を与える2つの問題の解説が間にあれば、私にはよりしっくり来たかな。

解説を読むと、自分の判断の傾向が何となく分かりました。
どうも私は判断すべきことに集中しすぎて、「伝達」系の案件を軽視している様子。
また、時間がないのに細かい案件で踏ん切りがつかない傾向もありそうです。
大きな問題では踏ん切りがつくので、力の配分が悪いということかな。

自分の判断力を客観的に評価する方法はなかなかないので、一度はおすすめです。
インバスケットの本はいくつも出ているようですね。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 6

みずき

情報量が多すぎるっていうのも
判断できなくなる原因かもって
思う時があります。たとえば、
予防接種を受けるべきかどうかとか・・・^^;
by みずき (2016-01-03 21:49) 

ChatBleu

なるほどー。
この本は表紙だけちょっと見たことあるかも。
最近、この手の本には手を出さないです(^^;)
by ChatBleu (2016-01-03 22:47) 

ゆう

>みずきさん

それ、よ~く分かります!
心配になって情報収集が終わらない。決定が出来ない。
そういうドツボに私もよくはまります。
特に、専門外の知識が必要な判断は困りますよね…
by ゆう (2016-01-04 23:23) 

ゆう

>ChatBleuさん

私もしばらくずっと、この手の本には手を出さないでいたのですが。
最近は、そうも言っていられない危機的状況かなと^^;
by ゆう (2016-01-04 23:25) 

sheepster

おもしろーい。こちらで出勤生活におさらばしてからは、ビジネス系の知識はまったく情報の更新がないのでこういう記事を読ませて頂くと気持ちが引き締まりますわ。インバスケットも初耳です。自分の判断の傾向が分かって足りない部分を補うことができればこの読書の収穫ありですね、ゆうさん。
by sheepster (2016-01-06 01:47) 

ゆう

>sheepsterさん

面白いですよね。
ビジネスだけでなく、日常生活でも当てはまりそう。
自分の判断の傾向が分かったので、これから役立てたいです。
が、振り返ると、以前から周りにそれとなく言われていたような気もします^^;
分かっていても出来ない、というものかも。
ですから、より強く意識するしかないのでしょうねぇ…
by ゆう (2016-01-08 11:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました