So-net無料ブログ作成

オットー・クンツリ展@東京都庭園美術館 [  展覧会]

庭園美術館で12/27まで開催されている「オットー・クンツリ展」に行ってきました。

庭園美術館といえば、アール・デコ様式で有名です。
旧朝香宮邸.jpg
↑ 旧朝香宮邸

旧朝香宮邸エントランス.jpg
↑ エントランス(ここまでは写真撮影OKでした)

一方、オットー・クンツリさんは、コンテンポラリー・ジュエリーの巨匠です。

OTTO.jpg
↑ 展覧会のチケットです。

コンテンポラリー・ジュエリーとは、身につける現代アートみたいなもの。
アール・デコと現代アートが共存する不思議な空間でした。
(旧朝香宮邸だけでなく、現代的な新館ギャラリーでの展示もありましたが)

コンテンポラリー・ジュエリーなので、使っている素材は貴金属・宝石とは限りません。
炭や木や岩や発砲スチロールもありました。(それがほとんどかも)
上のチケットの赤いハートのブローチも発砲スチロールだったはず。
ジュエリーに美だけでなく、色々な意味を持たせています。

例えば、2つのリングを棒でくっつけたもの。
2人が身につけると、お互いにつながって離れられません。
愛の持つ「絆」と「束縛」という2つの要素を感じました。

と、理解しやすい作品もありますが、解説がないと深い意味に到達できない作品も。

DP165899.jpg
↑画像はメトロポリタン美術館のHPからお借りしました。(→

"Gold Makes you Blind"というブレスレットですが、見えるのはゴムの黒いものだけ。
しかし、丸い部分の中には金(しかも18金!)が入っているそうです。
金は人間の欲望の対象となり、戦いや悲惨な事件の原因にもなってきた。
その金を再び地中(暗黒の中)に閉じ込めようとしたのだとか。
が、このブレスレットを身につけ続けると、ゴムが破れて金が露出するそうです。
(この深~い話は、展覧会に行く前に教えてもらったもの)

ただ、こういった深い意味を見ただけですぐ理解するのは難しいです。
今回の展示会では作品名と素材名のみの提示だったので、さらに。
それが、現代アートの良さ&難しさなのかしら…


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

みずき

ここは建物自体が素晴らしいので
見どころが倍になりますね。
庭も入れたら3倍かもです^^
by みずき (2015-12-27 22:37) 

ChatBleu

さすが!勉強されてますねー。
私はアートの世界は不得意な上に、縁もなさそうなので、
スルーしてます^^;
by ChatBleu (2015-12-28 06:53) 

ゆう

>みずきさん

庭園美術館は初めてだったので、展示より建物に目がいってしまいました^^;
手入れ中か何かで庭の一部は閉鎖されていましたが、外から見ただけでも素晴らしかったです。
鳥も鳴いていて、こんな都会に、とびっくりしました。
by ゆう (2015-12-29 23:15) 

ゆう

>ChatBleuさん

とりあえず観ておかなくては、と駆け込みで行きました^^;
でも、やっぱり現代アートは難しいです…
庭園美術館は、自然が豊かで素敵な空間でした。
by ゆう (2015-12-29 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました