So-net無料ブログ作成

採用基準 [  読んだ本・観た映画]

「採用基準」という本を読みました。

採用基準


かつてマッキンゼーの採用マネージャーだった方が書いた本です。
マッキンゼーの採用基準を切り口に、
・ これからの社会で必要な能力とはどのようなものか
・ それを持つ人材を育成するにはどうすればよいか
などが書かれています。
マッキンゼーの良い面しか書いていない気もしますが、刺激的な内容でした。

話の中心となるのは、リーダーシップについてです。
今の日本に必要なのはカリスマリーダーではなく、リーダーシップ・キャパシティ。
(リーダーシップを発揮できる人数の総量)
その理由は、
・社会は、カリスマが1人いたら変えられるような簡単なものではない。
・チームには複数のリーダー(的思考ができる人)がいた方がパフォーマンスが高い。
・なぜならリーダーとは「成果を出すことにこだわる」人だから。

チーム全員が成果目標を共有し、達成する強い意志を持っていたら、そりゃ強いです。
でも、成果目標を共有できないことが多く、そこが難しいんですよね。
とは言え、今の日本はリーダーシップ・キャパシティが少ないのが問題というのは鋭い指摘。
多くの日本人がカリスマリーダーを求めていますが、それではダメだということですね。

前に読んだ奥山清行さんの本でも似たような指摘がありました。
(「伝統の逆襲」→
か「100年の価値をデザインする」)
世界的に見て、日本のブルーカラーは非常に優秀だけれど、ホワイトカラーは全然ダメだと。

また、リーダーシップとは「日常的に誰もが発揮するもの」という指摘も鋭い。
マンションの管理組合の会合後に、お菓子が中途半端に残ったらどうするか。
事故で電車が止まり、タクシー乗り場が人であふれたらどうするか。
日常でリーダーシップを発揮できなくて、仕事などで発揮できるわけがない。
痛いけれど、その通り…

マッキンゼー流リーダシップの学び方も載っています。
中でも「ポジションをとる」「できるようになる前にやる」は特に耳が痛いです。
問題を早くあぶりだすために、さっさとポジションをとる。
経験してみなければ分からないこと、学べないことは多い。
自分が守り(甘え)に入っていないかチェックするにはおすすめの本です。

 [黒ハート] [黒ハート] [黒ハート]

実力も大切ですが見た目も大切です。
別ブログでは、ビジネスにふさわしいファッションについて考えています。
最新の記事はこちらです。よろしかったら、こちらもどうぞ。

ビジネスシーンで真珠をつけにくいのはなぜか(1)
ビジネスシーンで真珠をつけにくいのはなぜか(2)

女性がビジネスで使うバッグを考える


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 2

ChatBleu

日本人って横並びを好む傾向にあるから、リーダーって
できない人が多いんじゃないかなー。
私もですがorz
by ChatBleu (2014-03-27 20:27) 

ゆう

>ChatBleuさん

横並び意識は強いですね~私も日本人なので^^;
ただ、変化が激しい時は変わらないことが最大のリスク。
横を気にして共倒れ、となったら最悪です。
何をすべきかを自分自身で考える必要があるのでしょう。
言うは易し、行うは難しですが。

by ゆう (2014-03-29 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました