So-net無料ブログ作成

伝統の逆襲 [  おすすめ本]

忙しくなるほど本を読みたくなります。現実逃避かしら?
今回読んだ本は、こちらです。

伝統の逆襲―日本の技が世界ブランドになる日

著者の奥山清行さんは、フェラーリのデザインをしたこともあるカーデザイナー。
現在、山形の地場産業の活性化にも取り組んでいます。
NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出ていらしたこともありましたね。

この本には、日本の「ものづくり」を再生させるための現状分析と対策が書かれています。
心に響く言葉がたくさんありました。
ものづくりをする人(製造業)はもちろん、それ以外でも得るところが多いと思います。

特に印象に残った話は、この2つです。(まとめなので、ちょっと表現が違うかも)

◆ 日本を表現する2つのキーワード(=日本人のアドバンテージ)は「想像」と「犠牲」。
 相手の置かれている状況・気持ちを想像する力は「創造力」に通じる。
 短期的な効果を犠牲にして長期的な効果を選択できる。
 日本の研ぎ澄まされた「美」はあるものを選択し、他を捨てる(=犠牲にする)ことで生まれた。

◆「もの」を創造するときは必ず、どこかで破壊行為が行われている。破壊行為を上回るだけの「もの」の価値がなければ、新しいものはつくってはならないのである。

2つ目は、ものを消費する立場としても心にグサリと来ました。
いいかもと思ってすぐに買って、使えないと言ってすぐ捨てる。
そういう傾向があったのではないか。
また時間の節約や省力のため、どうしても使い捨てのモノにお世話にならざるを得ない。
であれば、それで得た時間を有意義に使わなければならない。
得た時間を有意義に使えないなら、便利グッズは使ってはならない。
そういう意識はほとんどなかった...
何となく選んでいる生活に渇を入れてもらいました。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 8

ChatBleu

最近、物を生み出す仕事をしてないのですが、大事な考え方だなぁ、
と思います。でも、できないけど。。。
by ChatBleu (2014-01-26 20:07) 

みずき

無難なものではなく、これはっ、っていう
新しいものを作るのは難しいです・・・
by みずき (2014-01-26 23:39) 

kataude

とても勉強になりそうな一冊ですね。
読んでみたいなって思ってしまった私。ネットで探してみようかな。
by kataude (2014-01-27 10:02) 

凛

うぅぅぅぅうう、たくさんのモノたちに申し訳ございませんと言わなくちゃ(;-;)
うーん勉強になります。

>時間の節約や省力のため、どうしても使い捨てのモノにお世話にならざるを得ない。
であれば、それで得た時間を有意義に使わなければならない。

そうですよね、本当に・・・
たくさん便利になって、たくさん時間も出来たのに
その時間も無駄遣い(泣)

ちょっと本を読んで私も視点、変えないと!

しかしながら現実逃避に本を読むって、知的でいいなぁ
私なんて絶対にシャットダウンよ←寝る(笑)

by 凛 (2014-01-27 15:53) 

ゆう

>ChatBleuさん

さすが一流の人は違う。
普通はこんなこと考えもしないでしょう。
私も、少しでも出来るように頑張りたいです。
by ゆう (2014-01-27 18:45) 

ゆう

>みずきさん

本当に難しいです。
が、志くらいは高く...なんでしょうね。
by ゆう (2014-01-27 18:47) 

ゆう

>kataudeさん

厳しい指摘が多いですが、なるほど~と唸る言葉がたくさん。
渇を入れたいときには、特におすすめです!
by ゆう (2014-01-27 18:48) 

ゆう

>凛さん

現実逃避に本を読のは知的でもなんでもなく。
単にやるべきことをやらずにいるってことです。
しかもその後にシャットダウン←同じく寝る。
優先順位考えろ~、と自分でも思います^^;
by ゆう (2014-01-27 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました