So-net無料ブログ作成

ロボットのこの先 [  ちょっとだけ気になる]

低血圧なので、朝はちょっと苦手。
土日の朝はぼぉ~としながらTVを眺めて、体が起きるのを待っている感じです。

この土曜日に見た「週刊 ニュース深読み」は、「ロボットがヒトを襲う? 広がる軍事利用」
無人戦闘機で民間人の犠牲者が出ている話は知っていました。
痛ましいことですが、無人戦闘機はまだ人間が遠隔操作しているもの。
ロボットと言えるものではありません。
(操縦している人がゲーム感覚で罪の意識が希薄というのは大きな問題ですが)
が、その先に人間の判断が不要な人工知能を持ったロボット兵器の開発があるとか。
もうターミネーターの世界ですね。
ロボット三原則はどうなった!と思いますが、あれはアシモフという1作家の考え。
(第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。(後略))
今は国際的に何の制約もないそうです。

一方、日曜日朝の「サキどり↑」は、介護ロボットについて。
これは皆にメリットがあるお話でした。
結局、ロボットに善悪があるのではなく、使い方に善悪があるだけなんですよね。
(人工知能が発達して、ロボットがより人間に近くなったら別ですが。)
ひどいことが起きる前に、どうにか制約を設けて欲しいと思います。

しかし、「ロボットは何をしてよいのか?」と考え始めると、最後は「人間とは何か?」を考えざるを得ません。
クローンやDNA操作などにも、同じようなことが言えます。
現在は、その最終問題を考えずにとりあえず話が進んでいるようで怖いです。
一方で、SF作家はすごいと再認識しました。
人間の思考力・想像力はすばらしい。
私も高校生ぐらいまではSFをよく読みましたが、最近全然読んでいません。
急に読みたくなってきました。
最近のもので、何かおすすめはありませんか?
(できれば、ファンタジー系ではなく...)
あ、TV番組ですが『宇宙空母ギャラクティカ』も見なくちゃ。

SFではなくノンフィクションですが、これも読みたい。

ロボット兵士の戦争


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 12

ロボコン凛

ゾンビならオススメなんだけどな〜(笑)
SFは全然読んだり観たりしていなかったわ(*´Д`)
ロボットに脳の機能を作れたら、そら怖いですねぇ
結構前の映画でなら、「アンドリューNDR114」というのが私のお気に入り♪
by ロボコン凛 (2013-11-17 19:35) 

ChatBleu

学生の頃、人工知能をやっている先生のレポートで、
コンピュータに感情を持たせてもしょうがないし、とか
けちょんけちょん、かつ、めちゃくちゃなことを書いたけど、
なぜか、先生が気に入ってくれて、優もらいました(^_^;)
あと、先輩に言われたのが、ソフトにできないことはない。
これ、いろんな意味で深いです。
by ChatBleu (2013-11-17 21:40) 

みずき

今週は2日続けてロボットなんだなと視てました。
今は鉄人28号レベルでも、そのうちパトレイバー
レベルになるんじゃないかと、ある意味期待もしています。
最近、ではないですが、アン・マキャフリィの
歌う船シリーズがおすすめです。体に障害のある子が
機械の中に組み込まれて、宇宙船やコロニーの
ブレインとして社会に参加する世界です^^
by みずき (2013-11-17 22:07) 

Sheepster

私もSFはゆうさんと同じくらいでだんだん他のジャンルに
移行していったのかも。ゆうさんはディックやアシモフが
お好きだったんですか?ブラッドベリも読んでいらっしゃいました
よね。私はル=グゥインやブラウンも好きでした。
みずきさんのコメントにあった歌う船、内容に興味を持ちまし
た。探して読んでみようかな。
最近のもの、私も知りたいです。

それからシンガーの本、非常に面白そうですね。これ、
図書館で借りてこよう!
by Sheepster (2013-11-18 13:12) 

ゆう

>ロボコン凛さん

あ、これアシモフが原作の映画ですね。
ちゃんと観た記憶がないので、今度観てみます。
by ゆう (2013-11-18 19:00) 

ゆう

>ChatBleuさん

確かに、ロボットに感情を持たせる意味はよ~く考えるべきことですね。
先輩の言葉は、「人間が想像できることは実現できる」と同じような意味かしら?
人間が「理解」できることはプログラム化できるとは思いますが、
人間の理解力はまだまだ不完全ですからね~
ソフトに限界があるとしたら、それは人間の限界かも
by ゆう (2013-11-18 19:09) 

ゆう

>みずきさん

続けてきたな、と私も思いました。^0^
プラス面も大きいから期待はありますよね。
歌う船シリーズ、探してみます!
by ゆう (2013-11-18 19:13) 

ゆう

>Sheepsterさん

私がSFに興味を持ったのは、かの有名な「少年ドラマシリーズ」からでして。
なので、最初は日本の作家さんばかり読んでいました。
その後、外国のSFを読み始めたときは衝撃的で。
日本のSFは現代から続いている感じがあったのに、完全に異次元のものもあったので。
あ、アニメ「未来少年コナン」や「キャプテン・フューチャー」も好きでした。なつかし~
by ゆう (2013-11-18 19:26) 

ararat

ロボット好きです.作りたかったな.
手塚治虫「地上最大のロボット」のリメイクの,
  「PLUTO」漫画で面白いです.
それを読んでから,テレビのキムタクの,
  「安堂ロイド」観てたりします.同じようなテーマです.
by ararat (2013-11-18 21:01) 

Sheepster

少年ドラマシリーズ?あの、NHK(教育TV)?でやってたやつ
かな?だとしたら私も以来筒井康隆にはまって、著作を
全部読みました。彼はエッセイも面白かったなー。

わたくし、アニメは『コブラ』が好きでした。大人の感じ…。

by Sheepster (2013-11-19 00:34) 

ゆう

>araratさん

アトムの「地上最大のロボット」はよく覚えています。
「PLUTO」はかなり話題になったけれど、読むチャンスがなくて。
読んでみます!
by ゆう (2013-11-19 19:05) 

ゆう

>Sheepsterさん

あ~、私も筒井さんにははまりました。
御三家?では一番読んだかな。
後は、光瀬龍→萩尾望都という展開も。

COBRA、私も観ていましたよ~
ああいうタイプ結構好きです♪
その後、IT技術でCORBAというのに遭遇した時は、
ちょっとだけ違う~と一人で興奮していました^^;
by ゆう (2013-11-19 19:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました