So-net無料ブログ作成

あるがままに生きる [  おすすめ本]

先月NHKのTV番組「100分de名著」でやっていた「老子」(→)が面白かったので
テキストを買いました。
社会の急激な変化と果てしない生存競争に、疲れを感じる人も多かった老子の時代、
「老子」という本は、そういう疲れた人々の癒やしとなったそうです。
NHKの語学テキストと同じような感じの小冊子です。

安いし薄いので、100分de名著のテキストシリーズはかなりお気に入り。
ただし、文学系の本はあらすじを聞いても(私は)つまらないのでパス。
思想系の本は、大切なポイントが押さえられるので入門にお勧めです。

『老子』 2013年5月 (100分 de 名著)


Amazonのリンクを張っていますが、買ったのはhonto。
honto→老子 あるがままに生きる (NHKテレビテキスト 100分de名著)
2000円以上購入すると300ポイントプレゼントなどのキャンペーンが多いので、
最近はAmazonで書評をチェック、hontoにあればhontoで購入がパターン化。
Amazonは日本で法人税払っていないと聞いてから特にhontoびいきです。

TVの最終回にやっていた、老子のバカボンのパパ語訳も面白かったです。
確かに、バカボンのパパは

形式にとらわれず、自然のように融通無碍に、そして柔軟に生きる

の極致だから、老子と相性がいいのかも。
こちらも買ってみようかしら。

バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書 (角川SSC新書)

honto→バカボンのパパと読む「老子」


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 4

ChatBleu

なるほど~。
へそ曲がりで人の言うことを聞かない私は、どちらかというと、
自分でバカボンのパパの解釈を作っちゃう方が好きかな(^_^;)
by ChatBleu (2013-06-05 22:54) 

みずき

学校で習うのが論語だから、孔子の方が日本では
有名なんでしょうかね。今は老子の方がしっくり
くるですね。本屋さんに行ったら探してみます^^
by みずき (2013-06-06 00:33) 

ゆう

>ChatBleuさん

こういう本の最終目的は、「自分の頭で考える」ですから、
それでいいのだ!^^;
by ゆう (2013-06-06 18:56) 

ゆう

>みずきさん

実は「論語」も100分de名著で放送済みで、これも面白かったです。
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/02_confucius/index.html
「儒教的教え」は後世のねじまげられた解釈なんですって。
ビックリしました。
by ゆう (2013-06-06 18:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました