So-net無料ブログ作成

70歳すぎた親をささえる72の方法 [  親のこと]

『70歳すぎた親をささえる72の方法』という本を図書館で借りてきました。

70歳すぎた親をささえる72の方法


以前、『親が70歳を過ぎたら読む本』という本を買いましたが、そちらは副題の通り、
「相続・認知症・老人ホーム」をメインに書いた本。(この本の話は→

それに対してこの本は、「離れて暮らす親をささえる」という視点で書かれています。
(目次は、Amazonの「なか見!検索」で見られます。)
仕事をしているので同居は出来ないという人も多いはず。必要な情報ですよね。
出来れば、本当に親が倒れてからよりも、親が元気なうちに情報を仕入れておきたい。
なかなか参考になりそうです。

すぐに対応しようかと思ったのが、

「言った」「言わない」の言い争いにはファックスやメール

という項目。
最近、こちらが伝えてもすっかり忘れていることがありまして。
認知症というわけではないけれど、やはり歳なんですね。
老眼のためメールがかなり苦手なので、ファックスがいいかなぁと。

しかし、実家にはファックス電話機があるけれど、うちにはないんです。
コンビから送ってみたけれど、番号非通知になっているらしく着信拒否されました[たらーっ(汗)]
あ!頭に186をつければよかったのかしら?
が、コンビニにわざわざ行くのは面倒ではあります。
低機能のファックス電話機なら1万以下ですけど、うちには置くスペースがない…

掃除ロボットもお年寄りにはいいそうです。
食器洗い機は考えていましたが、お掃除ロボットは盲点でした。

そして、「体が衰えてからの家電変更は難しい」という言葉に納得。
石油ストーブに慣れた親にオイルヒーターをあげたら頼りないと放置された例もあるそう。
う~ん、危なくなる前にガスコンロからIHに換えた方がいいのかしら?

やはり色々なケースを知っている人の話は参考になります。
また違うタイプの本をもう1冊ぐらい読んでみようかな。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 4

ChatBleu

言っても聞く相手じゃないので、無理でした(-_-;)
メールは2年半前の圧迫骨折までは、パソコンでメール来てましたよ。
でも、使えなくなっちゃたんですよ。
それと、近くに教えてくれる人がいないと、ちょっとなにかしら
触って、わけのわからない状態になった時に、フォローできないので、
やっぱり、親だけでは無理ですね。
覚えていろ、ということ自体を諦めています。
それと、ガスストーブにしてもIHにしても、今から変えても、
やっぱり馴染めず、元に戻ってしまうこともあると思います。
by ChatBleu (2013-03-19 21:50) 

みずき

うちも70歳を超えてるのでシミジミです。
元気なうちはPCや新しい家電にも挑戦しそうですけど
最終的には、新しくて安全、よりも、使い慣れたものが
いいのかなぁと。実際、うちは反射式ストーブが現役です^^;
by みずき (2013-03-19 22:44) 

ゆう

>ChatBleuさん

親にある程度の生活能力がないと、離れては難しいですよね。
この本で一番強調されているのは、同居して介護しないことに
子供が負い目を感じることはない、ということだと思います。
一番最後の項目のタイトルは、『親の介護より「子の健康」はもっと大事』です。

しかし、労働力の減少に伴って女性に社会進出を求めるくせに、
保育所は整備せず子育ての負担を家庭に押し付け、
あげくには介護は家庭でと言い出す日本政府。
今の日本では、家庭≒女性ですものね。
女性が何でもできると思っているんでしょうか?
by ゆう (2013-03-20 19:30) 

ゆう

>みずきさん

そうなんですよね。結局慣れたものに戻ってしまいそうです。
だから早めに切り替えないとなんですね。
親にはもう遅いかもしれないけれど、自分の時は気をつけよう...
by ゆう (2013-03-20 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました