So-net無料ブログ作成

御徒町をウロウロ [  上野・御徒町・蔵前]

今日は、御徒町のめっき屋さんに行ってきました。
磨いたリングを渡して、めっきが終わるのがだいたい1時間後。
(めっきの種類によって時間が違います。)
その間、御徒町界隈をブラブラしました。

まずはジュエリー製作用の工具を売っているお店に。

シーフォース.jpg

入り口の上にペンギンが乗っていたりして、ちょっとポップ。
が、ここは御徒町の工具屋さんとしては、かなり異色。
御徒町の工具屋さんは、いぶし銀な感じのお店が多いのです。
たとえば、こんな感じ↓

山口貴工.jpg

秋葉原のラジオセンターみたいな匂いがすると感じるのは気のせい?

さくっと見て回った後は、多慶屋本館の向かいにある明正堂書店NTT上野店に。
この本屋さんは、場所柄ジュエリー関連の本が充実しています。
そこで見つけたのがこの本。

ブランドジュエリー 2012WINTER-2013SPRING

ブランドジュエリーという本は、2011年春分まで季節ごとに双葉社から出ていたはず。
それ以降出ていなかったけれど、出版社を変えて再開されたようです。

そろそろブライダル以外のジュエリーも売れるようになるという読みかしら?
う~ん、こんどの春闘での賃金アップは難しそうだから、もうちょっと先かなぁ。
ここ1・2年は、物価上がれど給料上がらずの一番厳しい時期かも。
その先はよくなってくれるといいんですけれど。
いや、よくなってくれないと困る。

しかし表紙のようなジュエリーが、いま求めらているものだろうかという疑問が。
確かにこういうジュエリーの固定客はいるだろうけれど。
せっかく出版社が変わったのだから、そういうところも変えればいいのに。
変わらないと、また休刊することになっちゃうよ~


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 4

ChatBleu

ジュエリー、今後、どんなものが流行るのでしょうね。
お給料があがらないと、どうしても贅沢品から削られて
いきますものね。大きさや豪華さよりも、本質をとらえた
ものが良いんじゃないかなぁ。
最近、雑誌の廃刊が多いですよね。デジタルになってるというのも
あるけれど。
by ChatBleu (2013-01-30 20:09) 

みずき

テレビで御徒町を映すときって、年末の買い出し風景
ですけど、あそこは宝飾の町ですよね。
素敵なジュエリーに憧れるけど、それに合う服や靴が
ないんだよなぁと、はい・・・^^;
by みずき (2013-01-30 23:21) 

ゆう

>ChatBleuさん

はっきり言って、ジュエリーがなくても生きていけますからね~
今の時代は、過去の成功体験が強烈な人ほど
それが忘れられずに苦労している感があります。
ジュエリー業界はバブルの頃が忘れられないんでしょうね~
もう二度と来ないのにね。
雑誌が売れないのも、やはり最初に削られる部類のものだからかしら?
必要な雑誌(ビジネス誌とか)はそこそこ売れている気がします。
優先順位が高いものから買うのは当然ですよね。
by ゆう (2013-01-31 19:39) 

ゆう

>みずきさん

一般の人にとっては「御徒町=ザ・安売りの街=アメ横・多慶屋」でしょうね^^;

そう!憧れと現実に買うかは別ものですからね~
日本人の生活が西洋化して着物が廃れたように、生活スタイルにあわないものは淘汰される。
それが現実ですよね。

by ゆう (2013-01-31 19:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました