So-net無料ブログ作成

やっぱり気になる「プロの仕事とは」 [  仕事の極意]

投票に行ってきました。
昼過ぎに行ったからか、すごい行列。
投票所で行列を見るのは初めてなので、投票率は高いのかしらん?と思ったら、
東京都知事選を含めて4つ投票するために時間がかかっていたからみたいです。
お年寄りが多い地域なのもあるでしょうが、やはりみなさん年齢層高め。
20代が1回衆院選を棄権すると100万損という話もあるのにねぇ~(朝日新聞→

20時からテレビ各局は選挙番組になるんでしょうが、私はあれが嫌いです。
どこの局が早く当確を出すかのくだらない競争をしているから。
数時間たてば確定情報が出ることに、お金と労力をかける意味が分かりません。
余裕があるならいいですけれど、それは本当に優先度が高いのか???
私には、自己満足にしか見えない。

それよりも、選挙前に各党の政策を実施したらどうなるのかシミュレーションして、
3パターンぐらい起こりうる可能性(最悪のケースを含め)を検証してほしかった。
マスコミは「政策論争が深まらなかった」とか言っているけれど、深めさせるのも
マスコミのお仕事だと思うんですが…

最近、日本の企業にはこういった内輪受け(自己満足)の仕事が多い気がします。
テレビメーカーが凋落したのも、それは本当に必要なものか?という問いができず、
自分たちの基準で技術のことしか考えなかったからではないでしょうか。
自分たちの本当の目標はなにかを見失って、簡単に思いつくことばかりに力を注ぐ。
その結果、競争に負けていく。
製造業と違ってマスコミは今は外国との競争が少ないけれど、そのうちどうなるか…

などと偉そうに言っていますが、これは前に友達に指摘されたこと。(→
選挙のたびに、プロの仕事とはどういうことか考えさせられます。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!


web拍手 by FC2
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 4

ChatBleu

ヨガから帰ってきたところですが、テレビはOFFのままです。
今朝のテレビで、アメリカ人はお金のために働くけど、
日本人は人生のために働くって言ってて、なるほどなぁ、と思いました。
芸術家とか道を極める、というのも日本の文化。
日本人の仕事って、そういうところありますね。
で、自分で思った道を行くから、自己満足になる、と。
納得です。
by ChatBleu (2012-12-16 21:40) 

みずき

わたしの地域の投票所も、年配の方が
多かったです。わたしが若造に見えるくらい^^;
期日前投票とかもあるし、もうちょっと20代の
方に選挙に来てほしいですね。
by みずき (2012-12-17 00:18) 

ゆう

>ChatBleuさん

分かりやすい指摘ですね。納得です。
求道精神自体はいいことだと思いますが、今の時代
1つの視点ではダメなんでしょうね。
自分にとっての仕事の価値と、顧客にとっての価値、
2つのバランスをとる必要があり、どちらか一方ではダメ。
やはり俯瞰が大事ってことでしょうか。
by ゆう (2012-12-17 19:21) 

ゆう

>みずきさん

やはりですか。同じ感じですね。
もともと20代は人数が少ないんだから、投票に行かないと
ますます軽んじられちゃうのに。
若者の政治離れは、若者だけの問題じゃないはず。
ある日突然、不満が爆発しても困りますから。
外国のように若者が政治に関心を持つためのプログラムを
組まないといけないのかも。
by ゆう (2012-12-17 19:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました