So-net無料ブログ作成

浮気と信頼 [  上質なひと・上質なとき]

とあることで、どこから浮気と思うか聞かれたので、考えてみました。

私の基準は、ビジネスならどこまでありうるか。
部下の相談は、2人きりで話をすることもあるだろうけれど、手は握らないでしょう。
だから、2人で夜の(お酒を含む)お食事はOKだけど、手を握るのはNG。
行動が信頼できないような相手は、そもそも選ばない。

なかなか健全な考え方ではないでしょうか。(自分で言うか...[あせあせ(飛び散る汗)]
しかし、こう考えるようになったのは、ごく最近かも。
昔は、相手が女性と話をしただけでムッとしたくらいでしたから。

考えが大きく変わりはじめたのは、飲み会の席で、恋愛に悩む30代前半の女性に
30代後半の男性がした話を聞いてから。

信頼って、最後はできる・できないではなく、する・しないだと思う。
「信頼できるか=裏切らないか」なんて終わってみなければ分からないこと。
あるレベルに達したら、「信頼する」と決めるしかないんだよ。
もし裏切られた場合の結果は、自分が受け止める覚悟を決める。
信頼できる行動をしろと相手に責任を求めるのではなく、
自分の判断で信頼すると決めて自分で責任をとる。
相手に責任を負わせるのは楽かもしれないけれど、相手に振り回されるということ。
投資と同じで、リスクをとらないとリターンはないよ。
もちろん、情報収集、リスク分析をきちんとやることが前提だけれどね。

なんとまぁ、ビジネスライクな考え方。[たらーっ(汗)]
当時は「何言っているの?相手が信頼できない行動するから、いけないんじゃない。」
と思いましたが、最近は言っていた意味が分かるようになってきました。

信頼とは、リスク=マイナスを受け止める覚悟をすること。
それは、相手に依存しない独立したこころからしか生まれないこと。
独立したこころを持つには、ある程度の経験と自分に対する自信が必要なこと。
だとしたら、ようやく私も経験が積めたということかしら。自信はまだまだだけれど。
そういえば、受け止められる(と思う)マイナスも大きくなってきたような。
(本当に受け止められる保証はありませんが…)
こういう時は、年をとるのもいいものだわと思います。

me_01.gifme_01.gifme_01.gif

ビジネス以外のことも、ビジネスライクに考えてみると意外に面白いかもしれません。
別ブログでは、ビジネスシーンでのファッションについてビジネスライクに考えてみました。
          ↓
ビジネスでのファッションは仕事のセンス
ビジネスシーンでのリングはどの指に


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!
タグ:恋愛 浮気 信頼


web拍手 by FC2
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました