So-net無料ブログ作成
  言葉を増やす ブログトップ

「薄氷」はなんと読む? [  言葉を増やす]

語彙を増やそうと思って、1/1からワードハンティングを始めています。
テストの花道で紹介していたもので、1日1つ気になった言葉を調べるというもの。
無印のウィークリースケジュール帳に、1日1ワード書くようにしています。(→

昨日ハントした言葉は「薄氷」
和風総本家の番宣で「うすらい」と読んでいて、びっくり。
私には「はくひょう」か「うすごおり」としか読めません。
調べると、俳句の世界では「うすらい(ひ)」と読んで春の季語になるそうです。
なるほど、音の響きが詩的なわけです。
薄い氷で浅い春を表現するとは、日本人らしい感性です。
私に文学の才能があれば俳句はやってみたいけれど、からっきしなので...
でも、歳時記や季語の本を買って、少しは季節感を身につけようかしら。

もう少し調べると

江戸時代は、「はくひょう」と読み冬の季語だったが、
高浜虚子が「うすらい・うすごおり」と読ませ、早春の季語とした。

という話を見つけました。
意外と最近の言葉(読み方)なんですね。
最近、読めない漢字の並びの名前が多くなっていますが、
昔から、日本人はそういうことが好きだったのかしら...

そういえば、「薄氷(はくひょう)を踏む」とよく聞きます。
調べたら、詩経から来た言葉らしく「薄氷を履む」が元々の表記みたいです。
詩経...国語の授業で聞いたような...

という具合に、1つのワードでどんどん深くなってしまいます。
すぐ深堀を始めてしまう性格なもので、時間がかかる
しかも、ほとんどの人が知らない読み方は教養にはなるけれど、実用的では...
(教養は大事ですけれど...)

ちなみに今日のワードはまだハンティングできていません。
3日坊主で終わらないといいけれど[あせあせ(飛び散る汗)]


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怒った人間は [  言葉を増やす]

この前、語彙を増やすよう努力しようと決めました。(→
でも、本格的に始めるのはスケジュール帳が始まる来年から。
その間がもったいないということで、ことわざ・名言事典を引っ張り出して読んでいます。
ことわざや名言はさすがに鋭い。
特に突き刺さるのは、自分の欠点に関する記述、例えば、「怒り」などです。

怒った人間は口を開いて眼を閉じる (カトー)

怒りは無謀を以って始まり、後悔を以って終わる。 (ピタゴラス)

そうなんですよね。
怒りに身を任せてしまうと、大切なことが見えなくなるので、後悔することに。
人間ですから一瞬の感情は仕方ないですが、それにずっと捉われてはいけない。
最終的に損をするのは自分自身ですから。

めったに怒らない私の友達は、怒っているように見える時も計算しているそうです。
怒ったように見せるのが効果的と判断したから、そういう態度にした。
だから、どこまでやるか、言うべきことと言う必要のないことの区別がつく。
こうなるともう「怒っている」状態ではないですね。
友達の場合、一瞬感情がざわついても、それを含めて状況を客観視することで、すぐざわつきは収まるそう。
のめりこみやすい私は、この一歩引いたものの見方が難しい。

来年の目標がまた1つ増えたかしら。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
  言葉を増やす ブログトップ