So-net無料ブログ作成
検索選択
ジュエリー ブログトップ
前の10件 | -

歯科とジュエリー制作の似ているところ・違うところ [ジュエリー]

先日、こんな記事がありました。

全国の歯科医療機関の半数近くが、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかった。
読売オンライン yomi Dr. の記事より →

歯を削る医療機器とは、↓「ハンドピース」のことだそう。

(さすがAmazon。なんでも売っています。ただし安いモノみたい。)

タイトルを読んだときは、「お願いだから患者ごとに交換して!」と叫びました。
が、内容を読んで違うことにびっくり。
「え?滅菌のためハンドピースに高温の蒸気をあてるの?」
ジュエリー制作でも、歯科用とは違うものですがハンドピースを利用します。
が、精密機器なので、高温の蒸気をあてるなんてとんでもない!
さすが医療用はすごいなと感嘆しました。
ただし、歯科用は1本10万~20万円はするのだとか。(別記事→

歯科技工もジュエリー制作も、小さな金属を加工する時は似た作業をします。
歯科技工士さんとジュエリー制作者の数を比べたら、歯科技工士さんの方が圧倒的に多い。
メーカーがどっち向けの製品を作るかは明らか…
ということで、ジュエリー制作では、歯科用のツールを使うことも多いです。

例えばジュエリーの形を整えるためによく使われる以下の先端工具(ハンドピースに付ける工具)。
「松風」という「歯科材料・機器の総合メーカー」のものです。

(画像は、シーフォースのHPからお借りしました。→

中央に映っているのがジュエリー制作用のハンドピース。
歯科用のハンドピースは横に先端工具をつけるのでL字型になりますが、ジュエリー制作用はてっぺんに付けるのでI字型になります。
(歯科でもI字型をバックヤードで使用しているかも)

でも、歯科で使いやすいものとジュエリー制作で使いやすいものはちょっと違うことも。
例えば、歯科には石留(宝石を貴金属にセッティングする)はなかったり。
それが最近、ヨーロッパからジュエリー専用のツールがちょっと入ってくるようになりました。
ヨーロッパではジュエリー制作が盛んなので、当然と言えば当然。
前から少しは入って来ていたのですが、もっと入って来ていても良い気がする。
業界がちょっと保守的なのかな?

ちなみに、この↓「石にダメージを与えづらい」先端工具は最近のマイヒット。
やはり専用ツールはいいですね。

(この画像も、シーフォースのHPからお借りしました)

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネックレスが留めにくい問題の対策 [ジュエリー]

先週の土曜日、ドアにぶつけて右手人差し指を突き指してしまいました。
ペンで文字を書くのも痛い。
キーボードを打つのも痛い。
お財布から小銭を出そうとしても痛い。

人差し指だけの問題ではなく、指全体の動きが悪くなる傾向も。
すごくぶきっちょさんになった感じでした。
ネックレスの引き輪が上手く留められなくなったり。
早く留めようと焦るほど、親指まで動きが悪くなって上手く開けられません。

ということで、開けやすい形の引き輪を試してみることに。
(引き輪ではない大き目の金具にすれば留めやすいのですが。
チェーンとのバランスから今回は却下。)

引き輪1.jpg

左が通常の引き輪、右が開けやすい形の引き輪。
正面からだと違いがあまり出ませんね。

引き輪2.jpg

斜めから見ると、こんな感じです。
輪を開けるため指をひっかける部分の形に違いがあります。
右は板状で面積もあるため、指をひっかけて開けやすいのです。
板状の面積をこれ以上大きくすると、服などに引っかかりやすそう。
引き輪だと、この大きさが限界でしょうか。

その後、突き指もほぼ治って、人差し指の動きも戻ってきました。
が、その状態でも、この引き輪は役に立ちそう。
なにしろ私の場合、出かける前は大抵バタバタと焦っているので。
これで気持ち良く身支度が出来そうです。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピンクには見えないけれどピンク [ジュエリー]

昨晩は、疲れて倒れるように寝たら、エアコンを消すのを忘れていました。
おかげで今日は、朝から喉だけでなく頭も痛い。
疲れているときはこういう失敗をしやすいので、気を引き締めなくては。

風邪が悪化しないように、今日は家で大人しくしています。
作り置きのおかずを作りながら、ジュエリーのデザインを考えながら。

K18PG.jpg

これは、K18PG(ピンクゴールド)のキャスト上がりです。
(キャストとは、ワックスで作ったものを金属に置き換える作業のこと)
V字の付け根にでっぱりがありますが、キャストでどうしても必要な部分。
そのでっぱりを削って、磨きます。
今はイエローっぽい色ですが、磨けばピンクらしくなります。
(ただ、K18なのでK10ほどはピンクピンクにならない。)

Vの先端2つにチェーンを付けてペンダントにします。
チェーンがあまりに細すぎると切れやすくなります。
かといって、チェーンの存在感があり過ぎるのも合わない。
チェーンの太さを悩み中。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リケジョではありませんが [ジュエリー]

ずっと行きたいと思っていた清澄白河の「リカシツ」に行ってきました。(リカシツのHP→
ビーカーやフラスコなど理科の実験道具を販売しているお店です。
生活の中でおしゃれに使う方法を提案しながら。
例えば、こんな感じです↓。

p1010979.jpg
(画像はリカシツのHPからお借りしました。)

画像にある木の様な「イカ瓶」にも惹かれましたが、買ってきたのはこちら。
rikashitu.jpg

三脚台と金網。
まさに実験道具。
これを「おしゃれ」に変身させるわけでもなく、素直に使います。
三脚の間にアルコールランプを置いて、金網の上のものを熱する予定。

リカシツにはアルコールランプも売っていましたが、持っていたので購入せず。
アルコールランプは、ジュエリー製作でたまにですが使うことがあるのです。

ジュエリーの貴金属部分を作る方法には、大きく分けて2つの方法があります。

1. 貴金属を、切ったり叩いたりくっつけたりなどして、形作る
2. WAX(ロウ)で形を作って、その形を貴金属に置き換える。(鋳造やキャストなどと言います)

2は1の方法に比べて、形の加工が容易でかつ自由度が高いというメリットがあります。
金属をゴリゴリ削るのと、ろうそくのロウを削るのでは、どちらが大変かと考えれば簡単に想像できるかも。
(もちろん、1の方法がすぐれている点もあります。)

WAXを加工する際に、アルコールランプを使うことがあるのです。
WAXは熱で溶けるので、WAX同士を接着する時に使ったり、WAXを盛る(厚く大きくする)時に使ったり。
ちなみに、この「盛る」作業ができるのも、2の方法の大きなメリットです。
(貴金属を削りすぎたら、やり直すしかないことも多い)
また、アルコールランプを使うのはススが出ないから。
ススは後工程の失敗につながるリスクがあるのです。

もっとも、最近ではアルコールランプよりWAXペンというものを使う方が主流だと思います。
WAXペンは、半田ごてのお仲間みたいなもの。
ヒーターでペン先が熱くなる道具なので、アルコールランプよりハイテクで安全。
(世間一般の「ハイテク」とは程遠いですが...)
アルコールランプの場合は、スパチュラなどをアルコールランプで炙ります。
炙りすぎると熱くなり過ぎ、時間がたてば冷たくなる、というように温度コントロールが大変。
WAXペンは、温度が一定なので負担が少ないのです。

なので、私もアルコールランプではなくWAXペンを使うことがほとんど。
久々のアルコールランプ登場です。
今回、アルコールランプと三脚台・金網でWAXを溶かし、盛る作業を試してみようと。
新しい道具・方法が出てきても、それが全ての点で優れているとは限らないのがこの世界。
また、道具との相性は人それぞれなので、とにかく自分でやってみるしかない。
こうやって道具が増えて、保管場所が大変なのですけれど...


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宝石図鑑 [ジュエリー]

ここ数日は、お風呂でこの本を読んでいます。
(読んでいるというより、眺めているの方が正しいかも。)

価値がわかる 宝石図鑑



amazonの内容紹介には

■1000点を超える撮り下ろし写真
■宝石の見方、価値、選び方がわかる!
■宝石の希少性をプロも使う表で紹介
■鉱物種との関係から歴史まで幅広く

と書いてありますが、本当にその通りで勉強になります。
写真がとっても綺麗なので、写真を眺めるだけでも充分。
宝石や宝石を使ったジュエリーが、細部まで綺麗に写っています。
これで2千円ちょっとは、かなりお買い得でした。

内容は、専門的でかなり深いです。
例えば、ダイヤモンドはラウンドブリリアントやペアシェイプなどカットごとに解説。
ルビーやサファイアやエメラルドなどは、産地ごとに解説。
しかも、違いがしっかり分かる写真付。
宝石が好きな人には涙モノでしょう。

一番びっくりしたのは、品質を3つに分け、それぞれの価格の目安が載っていること。(主な宝石のみ)
このようなデータは、今まであまり一般には出ていないと思います。
価値=価格が分かりにくいため、宝石を敬遠している人も少なくないはず。
今後このような情報が広まると、少しは不安が軽減されるかもしれません。
ただ、あくまでも「目安」ですし、3つだと現実には幅が広い気もしますが。
本当に、宝石の価値=価格は難しい。

私は、自分が作るジュエリーにはあまり宝石は使いません。
日本の一般的な生活だと、使う場所が限られてしまうからです。
でも、美しい宝石には自然の力を感じます。
美しい宝石が生まれる仕組みの解説もあり、内容がぎっしり詰まった本です。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

刻印|ジュエリーの工具 [ジュエリー]

今日はこちらに行ってきました。

うさぎやビル.jpg

どらやきで有名な上野広小路の「うさぎや」さん
ではなく、このビルの3Fにある彫金材料屋さん。
(左の空間を奥に入って行きます。)
買ったのは、こちら。

刻印.jpg

刻印という道具です。
ジュエリーについている「K18」や「SILVER」などの印を「刻印」と言います。
これはその「刻印」を入れる道具で、その名も「刻印」。
ややこしや~
(刻印を入れる方法は、この道具を使う他にもいくつかあります。)

この刻印は [ のように曲がっていますが、なぜでしょう?
それは、指輪の内側に刻印を打つため。 
平らな面に刻印を打つなら、印鑑のようにまっすぐでもOK。
しかし指輪の内側となると、指輪の反対側が道具にあたってじゃま。
そこで、指輪の反対側を避けるように [ の形になっているんです。
考えたものですよね~

まっすぐなタイプを「直(ちょく)」、このタイプを「曲(まがり)」と言います。
これより大きく曲がった「大曲(おおまがり)」というものもあります。

道具類をいくつか買った後は、うさぎやさんでどらやきを購入。

うさぎやさんのどらやき.jpg
(中身が見えるよう切断しましたが、切断面がちょっとヨレヨレ...)

相変わらず上品なお味で、いくつでも食べられそうなのが困ったところです。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間の欲の光と影 [ジュエリー]

今日も外は蒸し暑く、スーパーなどは冷房が寒い。
体調がおかしくなってしまいます。
そういう時は、私の場合はお風呂に入るのが一番。
38度くらいのお風呂なのですが、なぜか爽快になります。
冷えが解消して、血行がよくなるからかしら?
今日は、朝1時間と昼間1時間入っていました。
その間は読書の時間です。
図書館で借りた本は読めないので、手持ちのこの本を読みました。
2回目です。

真珠の世界史 - 富と野望の五千年 (中公新書)


養殖真珠がない時代は、真珠はものすごく高価な宝石でした。

クレオパトラがアントニウスに1国に相当する価値の宴会をする賭けをして、自分がしていた真珠のイヤリングの片方を酢の中で溶かして飲み干し、勝ったというお話はけっこう有名です。
この本によると、1国に相当する価値=570キロの黄金、だそうです。
7/25の金価格(小売価格)は4,611円/グラム。
歴史上最も大きな真珠だし、最近の金価格は投機的な要素が入っていると言っても…
それ以外にも、(特にヨーロッパで)真珠がいかに貴重だったかが記載されています。

そこに登場したのが、日本の養殖真珠です。
それまで天然真珠しかなく特権階級が独占していた真珠を、庶民に解放した。
今で言う価格破壊ですね~
既得権者であるヨーロッパで天然真珠を売っていた人たちは、とうぜん猛反発。
養殖真珠はニセモノと主張して排斥しようとします。
なんだか、今も色々なところで起きている低価格戦争みたい。

ちなみに、日本では真珠=養殖真珠の感覚ですが、アメリカ、ヨーロッパでは今でも真珠といえば天然真珠。
明確に区別しないと、養殖真珠を故意に天然真珠のように思わせていると非難されます。

ただ、養殖技術は新しい世界を切り開いたというきれいごとだけではなかったようで。
真円の養殖アコヤ真珠の開発をめぐってドロドロとした争いも記載されています。
本当の開発者は誰か?
業界の通説を覆す深い調査がなされているのには、びっくりです。
(現在につながるピース式を開発した西川藤吉というのが通説)
ミキモトの創設者御木本幸吉も、
・ 欧米の市場を開拓したバイタリティ
・ 富を独占しようと排他的に動いた
の2面があったようで。
まぁ、大抵の開拓者はそういうものでしょうけれど。
人間の欲の、光と影をみるようです。

一部の人物描写に作者の好き嫌いが出ている気もしますが、面白い内容でした。

お風呂から上がった後は、図書館で借りてきたこの本に取り掛かりました。
最初の記述は、黄金を求めて南米に渡ったスペインの征服者の様子でした。
本当にえげつない支配の仕方でゲンナリしますが、これからどう展開するのかしら。

国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源



RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏を爽やかに [ジュエリー]

今日の東京は、蒸し暑い!
湿度が高いと体力が奪われるので困ります。
そんな時は見た目だけでも涼しく。
という訳で、先日、自分用の夏ジュエリーを作りました。

透かしのリングに、七宝で色を入れてみました。
七宝を入れないと、こんな感じ↓
(昔作ったリングなので、微妙にデザインが違います)

こちらは鏡面仕上げ(ツルツルのピカピカ)
今回作ったものは、つや消し。
かなり雰囲気が変わりました。

七宝は、手間がかかるし、700度以上で焼くので暑い。
なのに、これはリングで枠が小さいので七宝の透明さを生かしきれていません。
七宝にするなら、透かしじゃなく凹の方がいいのです。
(透かしだと凹より手間がかかるのです。)
でも、まぁ、自分の普段使いならいいかな。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年は頑張ります [ジュエリー]

今日は御徒町に行って、キャスト上がりのリングを2本受け取ってきました。

キャスト上がり.png

ジュエリーの作り方には大きく分けると

1. 金属の塊を叩いたり、切ったり、削ったりして形を作る
2. WAX(ろうそくのロウみたいなもの)で形を作って、それを金属に置き換える
 (WAXを金属に置き換える工程をキャストと言います)

の2つあります。(詳しくは→

WAXから作る方法は、金属を直接加工するより表現力が高く、効率もよいのです。
なので、量産されているジュエリーのほとんどがWAXから作られています。
(金属を直接加工する方法は、シンプルな形や1点もので使われる場合が多い。)

キャストが終わった段階では、このように表面がブツブツで輝いていません。
(ちなみに、素材はシルバー)
正面には出べそみたいな突起がありますが、これは金属に置き換える時にどうしても出来るもの。
これから出べそを取って、表面を磨きます。

去年は、ジュエリーのデザイン・製作がほとんど進みませんでした。
今年は頑張ります[あせあせ(飛び散る汗)]


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そもそも婚約指輪は必要? [ジュエリー]

ほとんどの女性があこがれる婚約指輪。(たぶん...)
その相場が意外に低いという記事を、マイナビウーマンで見つけました。(→
全体の約半分の人の婚約指輪が20万円未満だそうです。

去年聞いた婚約指輪の購入平均額は36万円だったばず。(→
あれま、随分下落したものですね。
と思って検索して見るとマイナビの中だけでも
20~30万円台が一番多いという記事(2012/11/09の記事→
10万円台が一番多いという記事(2013/03/12の記事→
が見つかりました。う~ん、ばらつきが...
ま、いずれにしろ今は「婚約指輪は給料の3カ月分」以下が大多数のようです。

そもそも、婚約指輪が絶対に必要と考える人が少なくなっているよう。(→
つけるにしても、気を使わなければならないような大きなダイヤモンドのリングより、
気軽に毎日つけられるリング、ということでしょうか。
ま、「給料3ヵ月分」は高度経済成長期のキャンペーンですから。
時代が変わった、人の意識も変わったということでしょう。

ブライダルブーケ

しかし、同じような調査でありながら、データのバラつきが気になる...
だいたいの傾向はつかめるとは思いますが、どこまで信用できるものなのか。
最近はこの手の情報が多いので、そこら辺をちゃんと知りたいものです。
やはり「統計学」をちょっと勉強してみようかなと思うものの、数学が苦手だから...

 


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ジュエリー ブログトップ