So-net無料ブログ作成

ジャパンジュエリーフェア2017 [ジュエリー]

昨日、東京ビックサイトに行ってきました。JJF2017_1.jpg
JJF2017_2.jpg
(後ろのギフト・ショーの看板も気になりますが、こちらは本日8/30から)

東京のジュエリーの展示会(商談会)と言えば、
・ 冬のIJT(国際宝飾展)
・ 夏のJJF(ジャパンジュエリーフェア)
が有名です。
JJFはより小売(販売)をターゲットにしています。
(IJTの方が製造をターゲットにした出展が多い)

どちらもセミナーが充実していて、セミナー参加が目的の1つだったりします。
まぁ、これはどの業界の展示会も同じですよね。きっと。

という訳で、今回は参加したいセミナーの関係上、29日に行きました。
今日30日に行けば、2017年の「ジュエリーの輝きのように最も美しく輝いている女性」に選ばれた木村文乃さんが下の豪華なジュエリーを着用してレッドカーペットを歩いているところを見られたのですが。
そのようなイベントには毎回縁がありません。

JJF2017_woman-award_jewellery.jpg
(この画像は、JJFのHPにあったダウンロード用画像です)

29日は中日だったからか、若干人も少な目だった気がします。
向かい側のイベント「外食ビジネスウィーク2017(ラーメン・そば・うどん)」の方が入場者が多そうな感じでした。

そんな中、セミナーでお会いした方々は熱かった。
ジュエリー業界が活況ではない分、熱い方々しか残らないのかも。
問題意識が高く、現状を打破するために自ら動くぞ!という心意気がすごい。
今の時代、どの業界にいても競争は大変です。
活況な業界でも、競争相手が多く自分たちが生き残れるとは限らないですし。
問題意識、自分には何ができるかの見極め、実行力。
私はそれが出来ているかしら…
帰りは反省の時間でした。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

シンプルとエンプティ [  読んだ本・観た映画]

提灯.jpg

最近は、花火大会や盆踊り大会のためか、浴衣姿の人をよく見かけます。
その中には、独自の感覚でコーディネートしている人も。
頭にコサージュのような大きな造花を着けていたり。
耳より大きいイヤリングをしていたり。
「簡素さ」を大切にする日本的な美意識とはちょっと違うような。
「ゴージャス感」を重視する西洋的な美意識に近いのかしら?
私は、浴衣の柄が大きくて派手なら、頭はコンパクトにまとめたい。
そうしないと、メリハリがなくなってしまうと思うのですが。
今の日本人の生活スタイルは完全に欧米化しているので、西洋的な美意識が高い人が段々と増えているのかもしれませんね。

一方で、現代の生活では「シンプル」も重要なキーワード。
シンプルな生活をしていれば、日本的な美意識も保てるのかしら?
と思っていましたが、↓この本によればそれはどうやら違うらしい。

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)


「シンプル」と、日本文化の美意識の真ん中あたりにある「簡素さ」は、成り立ちが全く違うのだそうです。
私なりに要約すると、

「シンプル」が現れる前は、「力」によって統治されていた時代で、物は「力」の表象だった。王の椅子は王の権力を表現するため豪華絢爛に装飾されていなければならない。簡素さは力の弱さとしてしか意味を持ちえなかった。しかし、近代社会の到来によって、物が「力」を表象する必要はなくなり、椅子は「座る」という機能を満たせばよくなった。形態と機能の関係は率直に計り直された。つまりシンプルという概念は、権力と深く結びついた複雑な紋様を近代の合理性が超克していく中に生まれてきた。

一方、日本の「簡素さ」が生まれたのは、応仁の乱後。長次郎の楽茶碗(→)や、今日の和室の源流と言われる足利義政の書院・同仁斎にある「簡素さ」は、かたちの合理性を追求した成果でもなければ偶然の産物でもない。「なにもない」(エンプティネス)ということが意識化され、意図されている。なにもないことは、人の関心を引き込む求心力として働き、受け手に積極的なイメージの補完をうながす。このような美意識が生まれた背景には、蓄積されてきた日本文化が応仁の乱によって完全にリセットされるほどのダメージを受けたことがある。失われた華美な装飾をなぞり直し復元するのではなく、むしろ究極のプレーンをもって絢爛さに拮抗しようとしたのではないか。

足利義政のような最高権力者が、「簡素」な美を生み出しているところが日本のユニークなところ。
しかし、究極のプレーンで絢爛さに拮抗しようという発想が面白い。
どういう頭をしているのでしょうか?
贅沢を極めた人だからこそ到達できる境地なのかしら…

日本の美には、「侘び寂び」もあれば、琳派のような豪華絢爛なものもあります。
でも、琳派にとっても「エンプティネス」は大事な要素なんでしょうね。
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」も、尾形光琳の「燕子花図屏風」も、余白が目立ちます。
尾形光琳の「紅白梅図屏風」は、余白は少な目ですが、画面からはみ出している幹や枝が、人の関心を引き込む求心力として働いています。

現代社会では、左右対称など西洋的な美意識がふさわしい場所も多いですが、せっかく日本に生まれてきたので日本的な美意識も大切にしたいです。
次は、琳派の美意識に関する本を読みたいな。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感