So-net無料ブログ作成
検索選択

庭をたたむ [  親のこと]

先週末は、実家に帰って庭の整理の手伝いをしてきました。
母がもう庭いじりは出来ないと言うので、荒れないように整理しました。
母は庭いじりが好きで、ずっとこまめに手入れをしていました。
が、ここ数年はほぼ庭作業しておらず、とうとうこの日が来たという感じ。

作業しながら思い出したのが、むかし観たターシャ・チューダーさんの番組です。
ガーデナーとして有名なターシャさんが、自分亡き後を考えて庭を自然に戻していくお話でした。

↓多分、この番組です

NHK ターシャからの伝言 花もいつか散るように 永久保存ボックス



母も自分亡き後を考えるようになったのかしら、と私はしんみり。
が、当の本人は
「もう重労働は嫌。これからは切り花や造花で充分」
とサバサバしているので、多分こちらの早とちり^^;

父は父でリビングボードを差して、
「これは大きすぎてもう要らない。捨てて代わりに自室のデスクを置きたい」
と。
日中はリビングだけで過ごせるように、コックピット化したい様子。

自分の体の変化に合わせて、生活を変えようとするのは良いことです。
年をとればとるほど変わりたがらないものだから、精神的にはまだ若いのかも。
でも両親ともに体力的には、既に自分たちだけでは出来ない状態なんですよね。
庭の整理も、母は「よきに計らえ」という感じで、子供たちが適当に作業ですし。
家具をリサイクルする方法も、父には分からない。(ネットが使えないから…)
子供たちがいて良かった!助かる!、と両親とも言っています。

しかし、私の老後は子供を頼るわけにはいかない。
(子供いないし、いたとしても頼りたくない)
自分の体がそれなりに動くうちに、人生の最終形に移行しておかないと。
精神的な若さに気を取られ、肉体的な衰えを見逃さないようにしないと。
両親を見ていると、60代のうちになんとか、と思います。
しかし、60代の時に、70代・80代の生活が想像できるかしら。
参考情報として、よく両親を観察しておかないといけませんね。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寄席に行ってみたい [  読んだ本・観た映画]

暖かかったのが急に寒くなり、なぜか寝不足感いっぱいの3連休。(冬眠?)
ちょっと喉も枯れ気味なので、最低限の外出しかしないことに。
ちょうど年末年始のTV録画が溜まっているので、それを観ちゃおう。
と見始めたのが1/2に放送されていた「落語the movie」(NHKのHP→)。

この番組は、落語に映像を付けてしまうという無謀?なもの。
噺家の声に合わせて俳優が動きを付ける「アテブリ芝居」です。
(そんな言葉知らなかった。)
現在、週1回、25分で2つの演目が放送されている番組だそう。
1/2は、今までの分を一挙にまとめて放送したらしい。

番組の冒頭で毎回
「想像で楽しむ落語の演目を、落語家の語るはなしに合わせてあえて映像化」
と言います。
映像を付けたら想像する部分がなくなって面白みが半減しそう。
と私も最初は思っていましたが、これが意外に面白い。
想像前に映像が見えるので、「何?どうしたの?」という楽しみはなくなります。
でも、落語は話の筋や結末が分かっているのに楽しんでいる人が多いはず。
なので、意外にそこは大きなマイナスにはなりませんでした。

それに意外な発見もありました。
噺家がかなり早いスピードで話しているとか。
(声にアテブリの芝居がついていけてないシーンが多々あり)
噺家は色々な役を演じ分けますが、意外に声自体は変わっていないとか。
(噺家の映像がないので、かえって区別しにくいシーンがあったり)

噺家の話芸のすばらしさに、改めて気が付きます。
そういえば、むかしよく落語を聞いている営業さんがいました。
「間」や興味の引き方が、勉強になるんだとか。
私も話下手なので、落語で勉強しようかしら。
最近は、ちょっとした落語ブームだそうです。
新しい世代の噺家さんを聞きに、寄席にでも行ってみようかな。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年お正月飾りとおせち [  季節もの]

あけましておめでとうございます。

今年の元日も、東京は暖かくて気持ちが良いです。
いつもは寝坊する元旦ですが、今年は日の出前に起きてしまいました。
今年は先手必勝で行きなさいという、何かの啓示かしら?
(決して加齢によるものではない…)

年末ちょっと疲れていたので、今年のお正月は「省力化」が課題でした。
(決して手抜きではない…)

しめ飾りも、市販のものにちょっと手を入れただけ。
2017_しめ飾り.jpg
松ぼっくりが留めてあったけれど、お正月らしく橙にチェンジ。
私はこの形のしめ縄に馴染みがあり、お正月気分になれるので好きです。

玄関の飾りは、生花を買うタイミングを逃したので、こんな感じになりました。
2017_正月飾り.jpg
年々こじんまりしていく…

鏡餅も一応飾りました。
2017_鏡餅.jpg
重箱に付属していた取り皿と枡を2段重ねて三方もどきにしてみました。
取り皿が大きすぎて頭でっかちですね^^;

今年もおせちは重箱に詰めず。
2017_おせち.jpg
相変わらず色がキレイに写らない上に、ピンボケです。
ちょっと並べすぎて、全部食べられませんでした。

昨年は味付けした田作り・数の子ですが、今年は完成版を買いました。

伊達巻は私の定番のレシピで(→。倍量で作っています)
これはすごく簡単で、甘さ控えめ。

栗きんとんは栗原はるみさんのレシピです。
蒸したサツマイモに栗の甘露煮の汁と熱湯を入れてなめらかにし、栗を加えます。
オリジナルでは電子レンジですが、蒸した方が自然の甘みが出るので。
こちらも甘さ控えめ。

以上2つは例年作っていますが、ずっと定まらないのが黒豆です。
今年は、こちらのレシピをトライ(→
「蒸し黒豆」をシロップにつけるだけなのですが、蒸し黒豆って何?
ネットで検索すると、黒豆を1晩水につけた後、20~40分蒸せば良いそう。
蒸してみると、それだけでほんのり甘さが出ていました。
私はこれだけで十分な味だったのですが、少量だけシロップに漬けました。
蒸し黒豆は冷凍保存ができるので、少しずつ食べられていいですね。
ようやく定番が見つかったかも。

茹でたほうれん草と蒸した人参・大根を鶏むね肉で巻いたものも作りました。
いつも作る塩鶏とほぼ同じ作り方(→)なので、これも簡単です。
昨年も作りましたが、太くしたので形が崩れてしまいました。

お雑煮に入ってるのも、茹でたほうれん草と蒸した大根・人参(梅型に型抜き)。
例年は小松菜を入れるのですが、面倒なのでほうれん草にチェンジ。
こちらに入っているのも、鶏もも肉。
酉年らしく?、鶏のオンパレードです。

サーモンを蒸した大根で包み、三つ葉で巻いたものも作りました。

食物繊維が足りないので、牛乳かんも添えました。
上にあるのは、リンゴを電子レンジで蒸したもの。
紅白2層の寒天ゼリーも作ったのですが、気分的に今日はこちらにしました。

うちのおせちは、どんどん単純化、淡白化しています。
2013年(→)、2014年(→)、2015年(→)、2016年(→

今年、品数はそこそこ作りましたが、調理内容は単純です。
材料も重複していますし。

2017年の目標は、よりシンプルに。
共通化できるところは共通化して、質を高めつつ負荷は下げる。

今年もよろしくお願いいたします。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感