So-net無料ブログ作成

鉄のフライパンを使いこなせるか? [  こんなの買いました]

大小2つのフライパンを持っていますが、どちらもテフロン加工のもの。
その1つ、小さい方のフライパンのテフロン加工が剥がれてきました。
テフロン加工のフライパンは、買い替えの度に面倒だなぁと思います。
そこで、今回は鉄のフライパンに買い換えてみました。

小さいフライパンは、毎朝の具沢山オムレツに使うので、鉄のフライパンの弱点

・ 重い ← 20cmなら重さも気にならないはず
・ お手入れしないとサビる ← 毎日使うので問題ないはず

と踏んだからです。
ちなみに、鉄のフライパンを使うのは初めてです。

遠藤商事 鉄フライパン 20cm AHL17020

遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン 20cm AHL20020


私はなんとなく左の銀色のものを買いました。
鉄のフライパンには必須と聞いていた、使い始めの「空焼き」「油まわし」は不要だそう。
(使用前のサビ防止の塗装に、食品衛生法で許可されたものを使用しているから)
でも、余計なものは早く取り除きたいと、「空焼き」「油まわし」にトライ。
(参考にしたもの→

そうしたら、見事に右のフライパンのようにグレー寄りの黒になりました。
ひょっとして銀色のままかも!?、とちょっと期待していたのですが。
ステンレスじゃないのだから、そんな訳ありませんよね[あせあせ(飛び散る汗)]
しかも、五徳の上で動かしたせいか、底に引っかき傷がたくさん。
きっと空焼きでできた膜をこすり落としてしまったのですね。
地が銀だから余計目立ちます。
黒にしておけばよかったと思いましたが、使っているうちに傷は見えなくなりました。

何回か使いましたが、ずっとテフロン加工を使っていたせいか、火加減が難しいです。
鉄のフライパンは「強い火で一気に」というイメージがあったせいか、焦がしてしまうことも。
少しずつ改善されているので、そのうち何とかなるはず…なるといいな…

心配していた手入れですが、今のところ負担になっていません。
むしろテフロン加工のものより、私のリズムにあっている感じがします。
テフロン加工は熱い状態で洗うとコーティングがはがれやすいと聞いたことがあります。
料理が完成したらすぐ洗えないのは、ちょっとしたストレスでした。
鉄のフライパンは熱いうちに洗える(むしろ洗わないとダメ)ので、一気に片づけまで終了。
連続して使いやすいのもうれしい。

ただ、柄だけは使いづらいです。
柄が熱くなることもあるし、持ち続けていると手に食い込むし。
今のところふきん類で対応していますが、そのうち革か何かでグリップを作りたい。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老いた親を愛せますか? [  読んだ本・観た映画]

寒い日が続くので、お風呂で本を読む時間が長くなっています。
ちょうど読み終わったのが、『老いた親を愛せますか?』という本。

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる



同じ著者の本『嫌われる勇気』が面白かったので。(→
が、今回は読み進めるのにちょっと苦労しました。
文章がす~と頭に入ってこない感じなのです。
並行して読んでいる他の本も同じような感じなので、私の理解力の問題みたい。
疲れているからか、加齢のせいなのか。
親のことを心配している場合ではなかったりして[たらーっ(汗)]

・ 子どもが親を幸福にすることはできない
・ 親がしたいことを子どもが止めてはいけない

という節タイトルがあるように、「親の人生は親のもの」というスタンス。
では、子どもはどうしたらいいのかというと

・ 尊敬とは、相手のありのままの姿を見ること
・ 相手の言動に「よい意図」があると思えば、人生の見方も変わる
・ 諦めずに「いま、ここ」でできることをやり続ける
・ 「ありがとう」といわれるより、自分から「ありがとう」という

とあるように、

親がこうする理由はこうだ!と確かめもせず決め付たりせず、
(↑こうすると、悪い感情に支配されやすい)
親がこうだから、ではなく、自分はこう考える、で行動する

ということかなと感じました。

自分を大切にし、相手を尊敬(尊重)する。
親子関係だけではなく、どのような人間関係にも必要なことでしょう。
親への接し方を見れば、自分がどのように生きているかも見えてきそう。

私は、
・ 相手の言動に「よい意図」があると思えば、人生の見方も変わる
という節に、痛いところを突かれました。
私は、リスク分析を重視するあまり、相手の意図を悪くとらえがちかも。
人がある行動をとる理由には色々な可能性があります。
自分に全部の背景が見えているわけでもないし。(←私は忘れがち。傲慢…)

また、文中に

親に感謝してほしいと思うことは
ほめられないと適切に行動をしない
子どもと同じ

というフレーズがあったのですが、これには苦笑い。
いや~、私はまだこのレベルなので、お恥ずかしい限り[ダッシュ(走り出すさま)]


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CanDoのマスクケース [  こんなの買いました]

最近、外出時はマスクが手放せません。
朝うっかりマスクせずにベランダに出たら、くしゃみと鼻水がしばらく止まらず。
まだ花粉症には早すぎる気がするので、寒暖差アレルギーかしら?
もっともアレルギーがなくてものどが弱いので、冬のマスクは必須なのです。

今まで、マスクを外した時は100均の透明ファスナーケースに入れていました。
が、友達から100均のマスクケースが意外に使えると聞いて、買ってみました。
CanDoのものです。

maskcase1.jpg
↑ 袋状になっていて、ここに未使用のマスクを入れると良いそう。

maskcase2.jpg
↑ こちら側は、使用中のマスクを入れるところ。

確かに、透明ファスナーケースよりおしゃれです。
ただし、予備用マスクを入れる部分はマチがないので1枚程度しか入りません。
「快適ガードプロ」のような立体的なものは無理そうですね。
また、留め具が弱そうで、気が短い私は壊してしまうかも...

う~んとうなって、他の用途で使うことにしました。
最近メモなど小さい紙類を渡されることが多いのですが、なくす心配がありました。
大きさも、ちょうど持ち歩くA5サイズ手帳のカバーの内側に挟み易いサイズ。
カバーの中に挟むので、留め具は締めなくてもOK。
すぐ処理しなければいけないメモは、白い部分に入れれば文字が見えるし。

ということで、マスクケースではない使用方法に落ち着きました。
また、無駄なモノを買ってしまったかしら?
友達とは、性格も生活も違うことを忘れていました…


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「どんど」でも「どんと」でもなく「とんど焼き」 [  上野・御徒町・蔵前]

ここ数年、ずっと行きたいと思っていた東京都台東区の鳥越神社の「とんど焼き」に行ってきました。
今日はちょうど御徒町に用事があったので、ちょっと足を伸ばしたのです。
全国的には「どんど焼き」や「左義長」など色々な呼び名がありますが、こちらは「とんど焼き」
都内で行われるのは、数箇所らしいです。

お正月にお迎えした神様(歳神様)をお送りする日本の伝統的な行事です。松の内が終わり、取り外した正月飾りなどを集めて焼くことを、「とんど焼き」といいます。このお焚き上げの火や煙にあたると、一年間が無病息災で過ごせるといわれています。    台東区のHP(→)より

13時から開始と聞いていたのですが、その前、私が着いた途端に放水が始まりました。tondo0.jpg

境内はもっと広いのかと思っていましたが、意外に狭いです…
両国の吉良邸跡(本所松坂町公園)以来の衝撃かも。
(あそこまで狭くはないですが)
確かに、突風に備えて放水しなければと思う広さ。
↓ 下の画像で、広さが伝わると良いのですが。
tondo1.jpg

でも、これが終わってから神事が始まるまで15分くらいありました。
今日の日差しだと、水が乾いてしまったかも…

神事が始まっても、背の低い私はよく見えません。
神主さんの姿は、立烏帽子?しか見えず。
覆面姿の人もちょっと見えましたが、何でしょう?
tondo2.jpg

この後は、頭を下げるようにという時間が多くて、さらによく見えず...

そうこうするうちに、点火タイム。
神主さんが、火打ち石を鳴らして、積み上げた藁のまわりを回ります。
tondo3.jpg

その後の人が藁に火をつけます。
tondo4.jpg

あっという間に燃え上がり、灰が舞います。しばらくして灰は収まりましたけれど。
tondo5.jpg

藁の山は正直小さいのですが、近いので結構熱い。
もう少し離れるようにとの指導がありました。
その時、あの覆面の人が前に来ました。
半纏(法被?)を着ている人たちの偉い人なのかしら?

tondo6.jpg

ここからは子供が主役みたいです。
子供たちが、「とんど、とんど」?と言いながら竹で地面を叩いて火の周りを2周回ります。tondo7.jpg

その後は、竹の先から針金でお餅をたらして(釣竿方式)お餅を焼きます。
↓画像は大人がやっていますが、この後に子供たちがやり始めました。tondo8.jpg

まだ続きそうでしたが、時間がないので私はここで神社を出ました。
今年1年、無病息災でありますように。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

判断力の基本 [  読んだ本・観た映画]

最近、判断力の低下に危機感を覚えています。
そこで、新年最初に読む本をこの本にしてみました。

問題解決力を劇的に上げる 判断力の基本



「インバスケット」の本です。
wikipediaによれば、

インバスケットとは、架空の人物になりきり、制限時間の中でより多くの案件を高い精度で正しく処理することを目標とするバーチャル・ビジネス・ゲームのことである。

だそうで、この本によれば

自分の判断を客観的に見ることができ、しかも分析できる

ツールだそうです。


この本は、まず判断力関する簡単な説明があり、その後は

  倒れた人の後を継ぎ、あるプロジェクト(イベント)に関する20案件を1時間以内に捌く

となった場合、あなたならどうしますか?という実践練習になっています。

まず20通のメール(=20案件)を読んで状況を把握します。
これを含めて1時間で処理しなければいけないので、時間は結構ギリギリかも。
と思ったら、1案件につき4つの選択肢から1つ選ぶ方式だったので拍子抜け。
それなりに仕事をした経験のある人なら、選択肢を読むだけである程度解けそうです。

なので、まずは選択肢を見ずに、自分ならどうするかをしっかり考ることに。
その後で選択肢と解説を読みました。
制限時間内に済ませるためには、当然ながら優先順位付けが重要です。
解説の最初にも、そのことが書かれていました。
なのに、次は案件1から順番に解説されるのでちょっと違和感が^^;
自分の思考の流れで確認するため、私は重要な案件から解説を読みました。
複数の案件に影響を与える2つの問題の解説が間にあれば、私にはよりしっくり来たかな。

解説を読むと、自分の判断の傾向が何となく分かりました。
どうも私は判断すべきことに集中しすぎて、「伝達」系の案件を軽視している様子。
また、時間がないのに細かい案件で踏ん切りがつかない傾向もありそうです。
大きな問題では踏ん切りがつくので、力の配分が悪いということかな。

自分の判断力を客観的に評価する方法はなかなかないので、一度はおすすめです。
インバスケットの本はいくつも出ているようですね。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お正月飾りとおせち [  季節もの]

あけましておめでとうございます。
元日の東京は、お天気もよく暖かで気持ちよい一日となっています。
この調子で良い一年となりますように。

玄関の飾りは、年々シンプルになっていくような。

玄関のお正月飾り.jpg

門松をイメージして、松を両脇に。
羽子板には梅と竹の飾り物で、松竹梅の3つをそろえました。
羽子板の上の方には、お気に入りの富士山の飾り物を。
いつか「富士・鷹・なすび」を並べたいのですが、なかなか揃いません。

おせちも、ここ数年はシンプルになりました。
2013年(→)は結構力作でしたが、
2014年(→)、2015年(→)はシンプルで、今年も↓

2015おせち.jpg

祝い肴3種の見た目は昨年と大差ないですが、実は昨年より手間をかけました。
(使ったレシピは、黒豆→、数の子→、田作り→
おかげで、黒豆はシワ1つなく、ごまめもくっつかず、どれも上出来です。
黒豆で8時間ガスコンロが占領されたので、次はやっぱりシャトルシェフに戻るかも…

今年もお重には詰めていません。
最近は年末に胃の調子が悪くなるためです。
胃が悪いと温かいものを食べたいため、レンジなどで温め直すのです。
そうなると重箱に詰める意味が薄くなり、思い切ってやめました。

ここ数年の私の目標は、「選択と集中」です。
やるべきことをしっかり認識し、余計なことはやらず、やるべきことをじっくりやる。
今までそれが実践できなかったので、今年こそ。

今年もよろしくお願いいたします。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感