So-net無料ブログ作成

予想外だからこそ面白い [  仕事の極意]

週の始めに確認したことが、週の終わりに違っていたと分かりました。
それを前提に週の作業を進めていたので、ガッカリ感が半端ではありません。
私は、こういう時の気持ちの切り替えが下手なタイプ。
起きてしまったことにいつまでも執着する心を切り替えるため、長風呂して読書しました。
読んだのは、この本です。

「大発見」の思考法 (文春新書)



「iPS細胞」の山中さんと、「CP対照性の破れ」の益川さんの対談集です。
お二人ともノーベル賞を受賞されていますが、対談は山中さんの受賞前に行われています。

お話されている内容は文系の私には分からないところもありますが、面白いです。
お二人とも直線型ではない回旋型の経歴だと話されています。
それを「フラフラ」と表現されているところもあるのですが、とんでもない。
全力で1つのことに集中し、それで次の芽が生まれて、次に全力で取り掛かるという感じ。(特に、山中さん)
何かを成す人の集中力・本気度というのは、やはりすごいものがあります。

科学者は仮説を立て、それを立証すべく実験を行うのですが、仮説の的中率は2割以下なんだそうです。
ですが、実験結果が仮説と違ったらガッカリして動けなくなってしまう人も多いそう。
が、それでは研究は向かない。
むしろ、予想通りではなかったところに面白いことが潜んでいるのが科学なんだとか。
予想外を素直に「あ、すごい!」と感じ取れることが大切。
「この予想外の結果は、いったい何なんだろう」と考え始めることから全てが始まる。
ガッカリ落ち込んでいたらそこでお終い。何も生まれない。

う~ん、耳が痛い。
私はとても科学者になれません。(頭脳的にも無理ですが...)
科学も日常も、予想外の出来事に対応する姿勢は同じでしょう。
ガッカリ落ち込んでいたらそこでお終い。何も生まれない。
私も同じことを二度と繰り返さないように、きちんと考えなければ。


益川さんは、最初ある方向で研究していたのですが、それが破綻した。
他の人なら「挫折」と感じるところですが、ご本人は挫折とは思わなかった。
「できる」と思ってやったことが間違いで、できなかったこと自体は間違いではない。
「できない」ということが分かったなら、それは一つの成功例だと考えるそうです。
つまり、本人の自覚の問題だと。

あぁ、なんと前向きな考え方!
今回の私は、「この確認で大丈夫」と思ったことが間違い。
やったこと自体は今後に生かせるし、間違い・無駄ではないはず。
「この確認ではダメ」と分かったことは、大きな収穫。
致命的な問題が発生する前に分かってよかったのです。
こう考えると、ガッカリ感はなくなりますね。
考え方ひとつで、こんなに心持ちが違うとは。

後は、この考え方をどうやって維持するかが問題です。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プランターの植え替え [  くらしのうるおい]

夏が終わり、ずっと何もなかったプランターにようやく苗を植えました。
例年通り、育てるのが楽なパンジー・ビオラ中心です。

例年は、単色の紫・白・黄色が多いのですが、今年はこんな色も買ってみました。

パンジー2015秋.jpg

下を向いてしまっていますが、淡い紫から淡いピンクへのグラテーション。
若い頃はピンクが大嫌いだったのですが、最近は抵抗感が薄れています。

植えた直後なので、周りはスカスカです。
日当たりが非常に良いので、そのうち人形が見えなくなるくらい成長するはず。

今回は、初めてデージーを植えました。

デージー.jpg

デージーもずっと苦手な花だったのに、今回は意外にいいかもと感じました。
最近、感性が少し変わってきているみたいです。
相変わらず紫・白・黄のパンジー・ビオラも植えているから、好みが広がったのかしら。

切り花だとうっかり水換えを忘れてしまうことが多いのに、プランターは水やりを忘れることは少ない。
朝一番にカーテンを開けたとき、どうしても目に入ってしまうからでしょうか。
朝、ベランダに出て日光を浴びるのが気持ちよいからかも。
(真冬でもシャンとするから気持ちよい)
それに、水やりをちょっと忘れたとしても、真夏以外は結構大丈夫ですし。

自然の花はベランダで、家の中はフェイク中心でたまに切り花、というのが私にとって無理のない範囲のようです。
常に家に切り花があるのが理想ですけれど。
最近はフェイクも素敵なものが多くなりましたから。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人形町にあるけれど日本橋図書館 [  銀座・日本橋・人形町]

日曜日は、友達と人形町でランチでした。
雨が降っていたけれど、ちょっと早めに行って寄ってみたのがこちら。

日本橋図書館.jpg
(ちょっとボケていて文字が読め辛いですが...)

中央区立日本橋図書館です。
所在地は「日本橋人形町」なので、最寄駅は日本橋ではなく人形町もしくは水天宮。
しかも、この図書館は小学校も入っている複合施設内にあります。

日本橋複合施設.jpg
(建物密集地にあるので、上手く全体が撮れません...)

時計の下の入り口を先に進むと日本橋小学校。
木の奥の右手の小さな入り口が最初の画像です。
地下には温水プールがあるそうで、入り口を入ると塩素の匂いがプンプンしました。
図書館は5,6階です。
江東区の深川図書館(→)も趣きがありますが、こちらもなかなか素敵です。

図書館の少し張りつめた感じの空気が好きです。
私は机に座って本を読むと眠くなるのですが、図書館だと大丈夫。
でも、残念ながら座席は埋まっているようでした。
こちらの図書館は全席を予約して使用するシステムのようです。
貸し出しもセルフ方式。
私の住む墨田区の図書館もセルフ方式です。
江東区の深川図書館のように職員さんが貸し出し作業をするのは、23区ではもう少数派なのかも。

日曜日の人形町はなにかイベントを行っていたようです。
大通りは、片側を交通規制してテントなどが出ていました。
はしご車と地震体験車も来ていましたが、子供のみ体験可。残念。

しかし分かってはいましたが、日曜日の人形町はいつもより開いているお店が少ない。
(今までの友達とのランチは土曜日。)
たい焼きの柳屋も日曜日はやっていないし。
と思ったら、「鳴門鯛焼本舗」という新しいたい焼き屋さんができていました。

鳴門鯛焼本舗.jpg

1匹160円。
ケーキと比べると、お財布にも体にも優しい!
パリッとした皮で、しっぽまでぎっしり粒餡が入っています。
期待しないで食べましたが、結構おいしい。
今度は、柳屋と食べ比べたいです。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『情報の「捨て方」』を電子書籍で読んでみました [  読んだ本・観た映画]

目の前の事にすぐ興味が移って深追いし、本来やるべきことが片付かない。
そういう性格を直すヒントがあるかなと思い、この本を読んでみました。

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)


(私が購入したのはhontoですが、リンク先をAmazonにしたのは、書評が充実しているからです。
この本では、書評の参考の仕方にも少し触れています)

う~ん、いまひとつ言いたいことが頭に入ってこなかったです。
その理由の半分は期待した内容とズレていたこと、もう半分は電子書籍だったからかも。

私は、電車で読むと地下鉄1駅(2分)で吐きそうになるし、机の前や寝そべっているとすぐ眠くなるのです。
そのため、本を読むのはもっぱらお風呂の中。
本に集中できるけれど、適度にリラックスできて、頭が柔らかくなる最高の環境です。
が、電子書籍だとお風呂の中に持っていくわけにもいかず。

しかも、この本はhontoの100%OFFクーポンを使ったので、タダで入手。
(hontoは通常価格はAmazonより高いことが多いですが、クーポンを乱発しているのでお得なことも)
元をとるためしっかり吸収しようという動機付けがありません...
やっぱり、本は身銭を切って買うべきですね。

私が理解した内容(なので、著者の言いたいこととはズレているかも)は

・ アウトプットを意識してインプットせよ。
  (=アウトプットにつながらないインプットは無価値)
・ 一方で、教養(=すぐには役に立たない)も大切。
  ただし、戦略的に深める領域を選択せよ。
・ 情報は点ではなく、流れで捉えよ。(比較基準を持て)
  例えば、ランチには立ち食い蕎麦ばかりでなく、たまにはコース料理を食べるなど幅を経験しておく、
  アメリカと国交を回復する前のキューバに行って、その後どう変わるかの比較基準をインプットする、など。
・ 1つのことを深く考える訓練を日常的に繰り返せ。

その他、著者のやり方が詳しく説明されていますが、ばっさり忘れました[あせあせ(飛び散る汗)]

今は、人より早く情報を知ることがもてはやされています。
しかし、そのような情報はすぐに陳腐化して際限がなく、体力を消耗するだけ。
むしろ、多くの人が知っている情報から、他人が見落としている本当の意味を掴んだり、新しい価値の創造をすることの方が、長く利益を享受できる。
そのためには、やはり「深く深く深く」考えなければいけない。
価値の低い情報を消費しているひまはない。
という自覚が情報を接する上では一番大切と感じました。
情報過多の時代には難しいことですが、だからこそ、それができる人が頭1つ上に行くんでしょう。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感