So-net無料ブログ作成
検索選択

あせもと汗あれ [  美容・健康]

もう言いたくも聞きたくもないセリフですが、暑いです!
暑さにも冷房にも弱い体質なので、かなり大変です。
特に、細かな調整ができない夜がつらい。
1週間くらい前から、首や肘の内側がかゆくなってきました。
まだ夏が始まったばかりだというのに、もうあせも!

ということで、お世話になっているのがこちら。

【第3類医薬品】ポリベビー 30g



以前は実家の常備薬だったオイラックスを使っていましたが、弱い成分ながらステロイド入りと知り、切り替えました。
(ステロイドはお医者さんと一緒に注意しながら使っていく薬だと思っているので)

「ポリベビー」は、ステロイドが入っていない分、即効性はありません。
私の場合、効果を感じるまでに3日かかりました。
それにかなりベトベトします。(ヌルヌルではなく硬い感じで)
なので、上からベビーパウダーを塗らないと気持ち悪いです。

おかげでかゆみは収まりつつありますが、気になる点が1つ。
いつもの赤いブツブツがないのです。
かゆさよりヒリヒリした感じが強いのも、いつもと違います。
これは本当に「あせも」?と思って調べたら、もしかして「汗あれ」なのかも。

汗をかいた後、汗に含まれるアンモニアなどの成分が刺激になり肌があれ、チクチク・ピリピリと感じることがあります。これが汗によるかぶれ、「汗あれ」の状態です。
「汗あれ」は、顔・額・首・ひじ・ひざの内側、衣類やおむつなどで覆われてこすれる部分に起こりやすく、お子様から大人まで誰もがなりうる肌トラブルのひとつです。

 「家族のあせも・汗あれ対策委員会」ユースキン → 
汗荒れは、乾燥などで肌のバリア機能が落ちると起こりやすい

 「少しの汗でも肌荒れ注意」 ヨミドクター →  

お肌の保湿力低下はいろいろなところで感じていますが、こんなところにも影響があるとは。
暑くても保湿はしっかりということですね。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やめられない体質 [  読んだ本・観た映画]

ここ数日の情報系テレビ番組は、新国立競技場のニュースが多いですね。
先日、池上彰さんが

責任の所在があいまいなまま突っ走り、「決まったことだから」と、途中でやめることができない。これが日中戦争から太平洋戦争にかけての日本の歴史。と思っていたら、新国立競技場をめぐる問題も、そっくりです。

と書いていた(毎日新聞→
と友達に聞いてから、こちらの本を読み始めました。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)



「日中戦争から太平洋戦争にかけて」の日本軍の組織について分析した本です。
実は3年前に、『失敗の本質』をネタにした本『超入門「失敗の本質」』を読んだことがあります。(→

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ



この本も、日本軍と同じ問題が現代日本の組織にはあると指摘していました。
納得するものがあり、より深い内容らしい元ネタの『失敗の本質』を読み始めたのですが、途中で挫折。
今回、もう一度チャレンジしているところです。

現代は、全てが組織(システム)で動く時代。
日本軍や国家プロジェクトだけでなく、自治会やPTA、会社や職場のチームもそうです。
となると、日本人がやってしまいがちな失敗は知っておく必要がありそうです。

ところで、最近「年収1,000万でも将来のリスクはある」と聞きます。
贅沢が身について、年収が減った時に身の丈にあった生活ができず破綻するリスクだそうです。
個人レベルでも国家レベル(日本だけでなく)でも、これは大きなリスクかも。
やっぱり、「柔軟に変化できる人間しか生き残れない」ということかしら。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冷凍小松菜で手軽にビタミンC補給 [  らくちん家事]

東京は急に暑くなりました。
気温が高いだけでなく湿度も高いので、体力を奪われる感があります。
食料の買出しに出かけた後は、ぐったり。
そうなると、火を使うお料理がおっくうになります。
私はいつも

・ ゆでたほうれん草
・ 蒸したにんじん
・ 蒸してマッシュしたかぼちゃ

を3~4日分まとめてつくってストックしているのですが、ほうれん草をゆでる気分にはなれず。
(コンロからちょっと離れられる蒸し物はよいですが)

しかし、栄養を考えると青菜は外せません。

そこで思い出したのが、ためしてガッテンで放送していた冷凍小松菜(→

小松菜冷凍.jpg
↑小松菜を適当な大きさにカットして、こんな感じに冷凍し

小松菜解凍.jpg
↑自然解凍して余分な水をしぼるだけ。

ゆでないので、水溶性であるビタミンCの損失が少ないそうです。
日差しに対抗するためビタミンCはできるだけしっかりとりたいから、これはうれしい。

そのまま食べたとき、食感が野沢菜漬けっぽいと思いました。
(味は、塩抜きした野沢菜漬けっぽい?)
柔らかいところもあるけれど、ところどころ歯ごたえがある感じ。
小松菜なので苦味は少しありますが、いつもと気分が変わっていいかも。
また、ゆでたほうれん草は傷みやすいので注意が必要ですが、冷凍小松菜は管理が楽そう。
これからも時々使ってみようと思う方法でした。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電車などでの冷房対策 [  美容・健康]

ここ数日、東京は雨が優勢な天気です。
湿度も高くて、エアコンをドライにすると寒く、止めると蒸し暑い、という困った状況。
自宅ならばまだエアコンの調整が出来ますが、電車などでは本当に困ります。
電車に入った時は涼しくてホッとするのですが、だんだんと体の芯が冷えてきます。
長く乗るなら覚悟して羽織りものを出しますが、たいてい乗るのは微妙な時間。
そのたびに脱ぎ着するのも面倒で。

ということで、最近活躍しているのがこちら
腕カバー.jpg
UVカットの手袋です。(買ったときの画像)

日焼け止め用に買ってはみたものの、暑いので結局あまり使っていません。
ならば、逆に冷房対策になるかと思いまして。
長時間だと肩のあたりが寒くなりますが、短時間なら私は大丈夫。
羽織ものだと周囲に迷惑にならないよう、着るタイミングに気を使います。
が、手袋は(満員電車でなければ)タイミングに制約がないのが良いところ。
充分涼んでそろそろ冷えるかな?いうタイミングで、サッと身につけられます。

冷えは女性の大敵。
私も、歳を重ねて冷気に敏感になってきました。
体の芯が冷えると確実に体調が低下します。
一方で、この湿度・気温では冷房・ドライがないのも辛い。
(若いころは冷房に無防備でした。それで悪化させたと悔やまれる…)
面倒な体になってしまいましたが、上手くやり過ごさなければ。


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感