So-net無料ブログ作成
検索選択

タブレットを買ったら、自分の性格を再確認することに… [  こんなの買いました]

10日くらい前に、7インチのタブレットを買いました。
170317150026198380429037_MediaPad_T2_7_0_Pro_378_480.jpg
Hauwei MediaPad T2 7.0 Pro
画像は、メーカー(Hauwei)のサイトからお借りしました。(→
反応がイマイチの部分もありますが、値段を考えると非常に良い性能だと思います。
私の使い方だと完全にオーバースペック。
(下位機種で充分だと分かっていたけれど、こちらの方がカッコいいので^^;)
台湾のメーカーがここまでくると、日本のメーカーは次どう出るのだろう。

私は、今どきめずらしくスマホを持っていません。
しかも、ちょっと前までPHSだったという希少種。
(元はシステム屋だったのですが…)

・ 通話がメイン
・ 家では、画面が大きくてキーボード入力ができるパソコンを使いたい。
・ 電車内で本を読むと2分で気持ち悪くなる、乗り物酔いしやすい体質。
・ 最近耳が悪くなってきた気がするので、ヘッドホンは使いたくない。
・ すき間時間は、考え事するか、ぼーっとしていたい。

というのが表向きの理由です。
が、影の理由は、今までのパソコン使用の経験から、

・ こういう類のものに、のめり込みやすい。
・ 重要かどうかの判断ができなくなり、どうでもよいことにのめり込む。
・ 外の世界を遮断してしまうほどのめり込んで、どっと疲れる。(話しかけられても反応できないことが多々あります。)

つまり私の場合は、「便利なアプリで得られる利益 < 優先度低いことに集中して時間を無駄にする損失」と予想できるためです。

と論理的に考えればそうなのですが、使ってみないと分からないことも多いもの。
ほとんどの人がスマホを持っているのに…という気持ちもどこかにありました。
7インチのタブレットならスマホより携帯性が悪いので、損失が小さくなるかも、という甘い期待のもと、タブレットを買ってみました。
ですが、結果は残念ながら、予想通り^^;
タブレットで遊び過ぎてぐったりしてしまい、やるべきことの能率が落ちたり、やるべきことが出来なかったり。
だめですね~。意思の力が弱すぎて。
それに、私には入力し辛いので、OUTPUTよりINPUTがメインになってしまいます。
情報を集めるのは楽しいですが、INPUTよりOUTPUT、消費よりも生産が私の今年の目標だったのに。

スケジュールアプリ・Todoist・OneNoteを中心に、生産のためのアプリを厳選して、他はアンインストール。
ようやく、日常が戻ってきました^^;

今回の経験で下の本を思い出し、いま読み直しています。(特に、第三のシフト関連)

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉




Huawei 7型 タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ホワイト ※LTEモデル PLE-701L-WHITE 【日本正規代理店品】



RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ←左のリンクから「フィードを購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳細はブラウザのヘルプご参照。
★ お役に立てる部分がございましたら、以下のボタンのクリックで応援していただけるとうれしいです!同じようなテーマの他の方のブログ一覧も表示されます。


web拍手 by FC2
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 4

みずき

電車の中でもたまにタブレットの方
見かけますね。ゲームアプリを
してるのが丸見えで、なんか見ちゃって
ごめんなさいってなりました^^;
by みずき (2017-04-30 23:36) 

ChatBleu

私のタブレットはKindle専用です。
と言っても、持ち歩きもしません。
電子購入した本を家で読むだけなのです。
Kindleではなく、Kindleソフトを入れてるだけですよー。
by ChatBleu (2017-05-01 06:45) 

ゆう

>みずきさん

そうなんですよ~
タブレットはやっていることが周りに筒抜けで、出す場所を考えてしまいます。
スマホでも、手の動きで分かることがありますが^^;
by ゆう (2017-05-01 23:03) 

ゆう

> ChatBleuさん

私も、最終的には電子書籍用がメインになりそうな雰囲気です^^;
7インチは、寝転がりながら読むには最適かも。
by ゆう (2017-05-01 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。